[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ヘビー級選手の薬物違反 過去に“WBC追放”も再犯、英指摘「検査の不参加が理由」

昨年、世界挑戦まであと一歩だったヘビー級のジャレル・ミラー(米国)が、薬物検査に関する再三の違反でWBCから追放処分を受けていた。英メディアが報じている。

ジャレル・ミラー【写真:Getty Images】
ジャレル・ミラー【写真:Getty Images】

ジャレル・ミラーが再三の違反、英注目「ミラーは確かにWBCから追放された」

 昨年、世界挑戦まであと一歩だったヘビー級のジャレル・ミラー(米国)が、薬物検査に関する再三の違反でWBCから追放処分を受けていた。英メディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ミラーは昨年6月に3団体同級統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)に挑戦予定だったが、薬物違反でビッグマッチを棒に振った。代役で出場したアンディ・ルイス(米国)が番狂わせの王座奪取。ミラーはWBAから受けた6か月の活動停止処分などが明け、今月9日に米ラスベガスでジェリー・フォレスト戦を予定していた。

 しかし、またも薬物検査で陽性反応を示し、試合に出られなくなった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は公式ツイッターに「管理機関の薬物検査プログラムに参加しなかったことを理由にWBCから3年間の“追放”処分を受けていた」とつづって記事を掲載。WBCのマウリシオ・スライマン会長はこう語っているという。

「ミラーは確かにWBCから追放された。というのも、薬物検査プログラムに参加しなかったからだ。1度ではなく、2度もね」

 スカイ・スポーツは「(同会長が)3年間の追放処分を受けていることを認めた」と説明。さらに“追放”に至った経緯を紹介している。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集