[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

跳びヒザ蹴りで秒殺! UFCでの8秒TKOに甦る戦慄「なんという瞬間だ!」

米最大の総合格闘技「UFC」で5年前の秒殺KOが再び脚光を浴びている。2015年1月24日の「UFC on FOX 14」でフィンランド人ファイター、マクワン・アミルカーニがアンディ・オーグル(英国)に跳びヒザ蹴りで、8秒TKO勝ちを収めるシーンをUFCが公式インスタグラムで映像つきで公開。ファンは「驚くべきもの」「なんという瞬間だ!」などと再び戦慄を覚えている。

8秒TKO勝ちを収めたマクワン・アミルカーニ【写真:Getty Images】
8秒TKO勝ちを収めたマクワン・アミルカーニ【写真:Getty Images】

「7・12」の「UFC251」に出場するアミルカーニの8秒TKOに再び脚光

 米最大の総合格闘技「UFC」で5年前の秒殺KOが再び脚光を浴びている。2015年1月24日の「UFC on FOX 14」でフィンランド人ファイター、マクワン・アミルカーニがアンディ・オーグル(英国)に跳びヒザ蹴りで、8秒TKO勝ちを収めるシーンをUFCが公式インスタグラムで映像つきで公開。ファンは「驚くべきもの」「なんという瞬間だ!」などと再び戦慄を覚えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 瞬きする間もなかった。青と黒のトランクス姿のアミルカーニは、ゴングがなるや一直線に走り、跳びヒザ蹴りを見舞った。クリーンヒットさせ赤トランクスのオーグルをふらつかせると、一気に金網まで追い詰め、馬乗りになって左右のフックを連打。続行不可能と判断したレフェリーは2人の間に割って入り、すぐに試合をストップ。決着まで8秒。まさに秒殺劇だった。

 わずか8秒間の衝撃シーンを、UFCは「これで終わりだ。マクワン・アミルカーニは数秒で試合を終わらせる」と驚きを記して再脚光。目の当たりにした格闘技ファンにも戦慄が甦っている。

「素晴らしい」
「なんという瞬間だ!」
「瞬殺劇だ」
「驚くべきもの」
「なんだこれ!」
「4秒か5秒か?」
「オーマイガー」
「かわいそうなレフェリー」

 実況者もあまりのスピード決着に「これで終わりだ! ヒザが飛んできた! 超早い結末となった」と大興奮だった。

 現在31歳となったアミルカーニは、7月12日(日本時間13日)の「UFC251」に登場。ダニー・ヘンリーと対戦する。新たな衝撃を期待したいところだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集