[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラフト会議のウラの目玉!? 他競技、軟式、逆輸入も…過去の“隠し玉”指名は?

NPBのプロ野球ドラフト会議まで、いよいよあと2日に迫った。今年は早実・清宮幸太郎内野手が大本命に挙がり、例年以上に話題を呼んでいる。しかし、当日に“ウラの目玉”の盛り上がりを見せるのは、あっと驚く“隠し玉”指名である。近年でも、何人もの選手が脚光を浴びている。

あっと驚く“隠し玉”…近年はソフトボール出身選手ら異色の選手ズラリ

 NPBのプロ野球ドラフト会議まで、いよいよあと2日に迫った。今年は早実・清宮幸太郎内野手が大本命に挙がり、例年以上に話題を呼んでいる。しかし、当日に“ウラの目玉”の盛り上がりを見せるのは、あっと驚く“隠し玉”指名である。近年でも、何人もの選手が脚光を浴びている。

 その筆頭となったのは、早大・大嶋匠捕手だろう。11年ドラフトで日本ハムが7位指名。プロ野球のドラフトにもかかわらず、なんとソフトボール部に在籍していた。大学ソフトボール界の逸材をプロ野球に引き入れるという前例のない試み。当時は東海大・菅野智之(現巨人)の強行指名と同等の衝撃を呼んだが、6年目までに13試合に出場し、1軍定着を目指している。

 硬式との違いでいえば、軟式、準硬式出身選手も話題になる。古くは広島の通算148勝投手、大野豊がそうだったように、稀に指名されることがある。昨年も軟式では相双リテック・菊沢竜佑投手がヤクルト6位、準硬式では帝京大・鶴田圭祐投手が楽天6位で指名を受け、菊沢は1年目に1軍デビューを果たした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集