[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ネクスト・メイウェザー”は「PFPの未来のスター」 悶絶KOをトップランク総帥は絶賛

ボクシングの米興行大手・トップランク社は、新型コロナウイルスの影響で中断していた興行を9日(日本時間10日)から米ラスベガスのMGMグランドで再開。メインイベントでは“ネクスト・メイウェザー”の異名をとるWBO世界フェザー級王者シャクール・スティーブンソン(米国)が、6回にボディーで相手のフェリックス・カラバロ(プエルトリコ)を悶絶させTKO勝ち。期待が大きい22歳の鮮烈KO劇に、トップランクのボブ・アラムCEOは「彼はPFPの未来のスターだ」と絶賛している。

10日、TKO勝利を収めたシャクール・スティーブンソン【写真:Getty Images】
10日、TKO勝利を収めたシャクール・スティーブンソン【写真:Getty Images】

メインイベント飾ったスティーブンソンをアラム氏が絶賛

 ボクシングの米興行大手・トップランク社は、新型コロナウイルスの影響で中断していた興行を9日(日本時間10日)から米ラスベガスのMGMグランドで再開。メインイベントでは“ネクスト・メイウェザー”の異名をとるWBO世界フェザー級王者シャクール・スティーブンソン(米国)が、6回にボディーで相手のフェリックス・カラバロ(プエルトリコ)を悶絶させTKO勝ち。期待が大きい22歳の鮮烈KO劇に、トップランクのボブ・アラムCEOは「彼はPFPの未来のスターだ」と絶賛している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

“ネクスト・メイウェザー”の名は伊達じゃない。新星スティーブンソンが圧倒した。試合を優位に進めての第6ラウンドだ。1分過ぎ、中央で足を止めて打ち合う両者。だがパワーで勝ったのはスティーブンソンだ。

 左ボディーアッパーがクリーンヒット。たまらず崩れ落ちるカラバロ。膝をついてうずくまり悶絶。立ち上がれずレフェリーがストップ。スティーブンソンは最後まで涼しい表情だった。

 デビューからの連勝を14に伸ばしたスティーブンソン。リオ五輪で銀メダルの実績に加え、打たせないスタイルから“ネクスト・メイウェザー”として大きな期待をかけられている。

 トップランクの新たなスター候補に目を細めているのはアラム氏だ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、試合後に「何とも見事なパフォーマンスだ。徐々に調子を上げ、落ち着いていた。彼はPFPの未来のスターだ」と絶賛していたという。

 3月に予定していたWBO世界フェザー級のタイトルマッチは新型コロナウイルスの影響で中止に。3か月ぶりの仕切り直しの一戦で格の違いを見せつけ、今度への期待がますます膨らんだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集