[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪連覇“キューバの至宝”の54秒TKOに衝撃「こいつは本物」 米でボクシング再開

ボクシングの米興行大手・トップランク社は、新型コロナウイルスの影響で中断していた興行を9日(日本時間10日)から米ラスベガスのMGMグランドで再開。第1試合にはロンドン、リオデジャネイロで五輪連覇したロベイシ・ラミレス(キューバ)が登場し、わずか54秒での衝撃TKO勝利を収めた。同社が実際のKOシーンを動画つきで速報している。

トップランク社の復帰興行でTKO勝利を収めたロベイシ・ラミレス【写真:Getty Images】
トップランク社の復帰興行でTKO勝利を収めたロベイシ・ラミレス【写真:Getty Images】

トップランク社が興行再開、第1試合ではロベイシがド派手なKO勝利

 ボクシングの米興行大手・トップランク社は、新型コロナウイルスの影響で中断していた興行を9日(日本時間10日)から米ラスベガスのMGMグランドで再開。第1試合にはロンドン、リオデジャネイロで五輪連覇したロベイシ・ラミレス(キューバ)が登場し、わずか54秒での衝撃TKO勝利を収めた。同社が実際のKOシーンを動画つきで速報している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシングファンはこんな瞬間を待っていた。約3か月ぶりに行われた、トップランク社の興行。そのトップバッターとして登場したラミレスが鮮烈なKOで、ボクシング復活を印象付けた。

 初回いきなり攻勢に出るラミレス。サウスポースタイルでイェウリ・アンドゥハーをロープ際まで追い詰めると、強烈な左右のフックを連打。そして左をヒットさせ1度目のダウンを奪う。相手も立ってきたが、最後はハンマーのような強烈な左を右顎にヒットさせ、ダウンを奪うとレフェリーがすぐに試合を止めた。

 ド派手な秒殺劇となった興行再開初戦を、トップランク社の公式インスタグラムでは「ロベイシ・ラミレス、フルラウンド戦わずしてボクシングを派手に復活させる」と脚光を浴びせ、動画つきで公開。すると再開を待望していたファンからは歓喜の声が上がっている。

「やっとボクシングが帰ってきた。トップランクありがとう」
「すごくいい試合だった」
「あと何試合かやれば、この若き獅子はシャークル(・スティーブンソン)の次の対戦者になるかもしれない」
「この左は炎だ」
「世界はボクシングを必要としている」
「爆弾を放った」
「ボクシングを待っていた」
「こいつは本物。彼がのってきたら、どの選手にとっても脅威」
「ボクシングを待ち望んでいたかのような戦いだ」

 ラミレスは鳴り物入りでプロ転向したが、初戦でまさかの敗戦。だが2戦目以降はこれで3連勝とした。トップランク期待の星として、記念すべき復帰興行を大いに盛り上げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集