[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】誤審PKを故意に外す 13歳少年のスポーツマンシップに絶賛の嵐「偉大」「素晴らしい」

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は海外サッカーでの粋なシーンだ。

ガラタサライU-14でキャプテンを務めたベクナス・アルマズベコフのスポーツマンシップに称賛の声が上がった(写真はガラタサライ公式YouTubeより)
ガラタサライU-14でキャプテンを務めたベクナス・アルマズベコフのスポーツマンシップに称賛の声が上がった(写真はガラタサライ公式YouTubeより)

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―13歳少年のスポーツマンシップ

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は海外サッカーでの粋なシーンだ。

【特集】「自分がそこで負けないこと」なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / サッカー・清水梨紗インタビュー(GROWINGへ)

 2019年の3月、当時13歳の少年のフェアプレーが称賛を集めた。審判のミスで獲得したPKをわざと失敗――。トルコのガラタサライのU-14に所属する選手のスポーツマンシップの一部始終を、海外メディアが動画で公開。ファンからは「偉大だ」「素晴らしい」「なんて男だ」などと絶賛の嵐が起こった。

 その姿勢が称えられたのはガラタサライU-14でキャプテンを務めるベクナス・アルマズベコフだ。13歳の少年はイスタンブールスポル戦で、左サイドから切り込むとエリア内で転倒。相手との接触があったかどうかは微妙な状況だったが、審判はファウルとジャッジし、PKが与えられた。ここからだ。

 アルマズベコフは故意にゴール右へ大きく外したのだ。この時点でチームのリードは1点だけ。追加点が欲しい場面ではあったが、本人もPKでないことはわかっていたのか、13歳らしからぬ判断でフェアプレーを優先したのだ。

 一部始終を英衛星放送局「スカイスポーツ」が公式インスタグラムで動画で公開。「ガラタサライU-14のキャプテンは、審判が誤った判定を下し、故意にペナルティキックを外す。13歳のベクナス・アルマズベコフが完璧なスポーツマンシップとフェアプレーを見せた」と拍手を送った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集