[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PFP最強の男、カネロはなぜ村田諒太戦を望むのか 陣営が明かすワケ「ブランドの問題」

ボクシング界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で最強と評価される4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。カネロのプロモーターがWBA世界ミドル級正規王者の村田諒太(帝拳)との対戦を望み、「日本で最も認知されている個人競技のアスリートの一人」と絶賛しているという。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

村田諒太(左)とカネロことサウル・アルバレス【写真:Getty Images】
村田諒太(左)とカネロことサウル・アルバレス【写真:Getty Images】

村田を絶賛「日本で最も認知されている個人競技のアスリート」

 ボクシング界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で最強と評価される4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。カネロのプロモーターがWBA世界ミドル級正規王者の村田諒太(帝拳)との対戦を望み、「日本で最も認知されている個人競技のアスリートの1人」と絶賛しているという。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 夢の対戦は実現するのか。「彼は海外でファイトをしたがっている。我々は日本、メキシコ凱旋、そして、英国で戦う交渉を進めていて、彼はその全ての選択肢を検討している。引退前に、彼は海外で戦うことになるだろう」と話しているのは、カネロのプロモーターでゴールデン・ボーイ社のエリック・ゴメス社長だった。

 目的は国際的なブランド力向上。「彼のブランドの問題だ。ただ米国内で戦うのではなく、より大きな国際的なスターになりたいと彼は求めている。今よりももっと大きなスターになりたいと希望している。世界中にファンがいるが、そこを足掛かりにしていきたい」とゴメス社長は話している。

 56戦のキャリアを誇るが、米国と母国のメキシコ以外では試合経験のないカネロ。村田は有力な対戦候補の一人という。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集