[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

闘莉王氏、母国で経営する牧場を初公開 「乗馬療養」での社会貢献活動をスタート

元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王氏は公式YouTube公式チャンネル「闘莉王TV」で生まれ故郷のブラジルで経営する牧場を初公開。牧場と乗馬を通じて障害のある子供たちに対して「乗馬療育」という社会貢献に乗り出していることを明らかにした。

田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】
田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】

YouTube公式chの最新話で公開

 元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王氏は公式YouTube公式チャンネル「闘莉王TV」で生まれ故郷のブラジルで経営する牧場を初公開。牧場と乗馬を通じて障害のある子供たちに対して「乗馬療育」という社会貢献に乗り出していることを明らかにした。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 浦和、名古屋などのビッグクラブを渡り歩き、04年アテネ五輪出場、10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会16強という輝かしい実績も残し、昨年輝かしいキャリアに終止符を打った闘莉王氏。現在は親孝行のために生まれ故郷のブラジル・サンパウロ州の街、パルメイラ・ド・オエシチに戻り、実業家として第二の人生を送っている。

 公式YouTubeやインスタグラムを通じて、日本のファンとの絆も育んている闘莉王氏は「闘莉王TV」の最新話を公開。「子供の夢」と名付けた牧場を日本のファンに初めて紹介している。

 厩舎や愛馬を紹介した後、牧場と乗馬を通じて、社会貢献活動を行っているという。

「歩けない子供たちが馬に乗ることで、歩く感覚を覚えることができると言われています」。馬上の闘莉王氏はこう語っている。

 地域の脚が不自由な子供たちを牧場に招待。気性の優しい馬の背に乗せて、ヘルパーとともに馬を歩かせることで、バランス感覚や筋肉、脳にもいい刺激を与え、子供たちは歩く感覚を身につけていくという「乗馬療育」や「ホースセラピー」と呼ばれる活動だった。週2回で取り組むことになるという。

 超攻撃的DFという独特なプレースタイルで、リーグ戦通算100ゴール以上を記録した闘将。現役引退後も自分らしいスタイルで社会貢献を続けていくようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集