[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太を覚醒させた配置転換 見直された18番の価値「ケンタこそ評価されるべき」

米大リーグのドジャース・前田健太投手は、ポストシーズンでリリーフに配置転換となり、一気に評価を高めている。ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦から3試合連続で登板し、3イニングで打者9人を打ち取る“パーフェクトリリーフ”を披露。一気に覚醒した日本人右腕は地元メディアから「ドジャースブルペンでパズルの最後のワンピース」「右打者に死を突きつける」と称賛されている。

ポストシーズンで続く完全救援、やまない称賛「ド軍ブルペンのパズル最後のワンピース」

 米大リーグのドジャース・前田健太投手は、ポストシーズンでリリーフに配置転換となり、一気に評価を高めている。ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦から3試合連続で登板し、3イニングで打者9人を打ち取る“パーフェクトリリーフ”を披露。一気に覚醒した日本人右腕は地元メディアから「ドジャースブルペンでパズルの最後のワンピース」「右打者に死を突きつける」と称賛されている。

 15日(日本時間16日)のカブスとの優勝決定シリーズ第2戦こそ出番のなかった前田だが、強打者9人を手玉に取る圧巻の投球は高い評価を得ている。そして、レギュラーシーズンで先発だった前田の配置転換で強化されたドジャース救援陣は、ここまで圧倒的な成績を叩き出している。

米ドジャース専門メディア「トゥルーブルーLA」によると、5試合で計19回2/3、19奪三振で1四球、防御率1.37。2013年から昨年までのポストシーズンの最高成績は13年シーズンの32回1/3、42奪三振で21四球、防御率3.06だった。今年のドジャースブルペンが、いかに鉄壁かを示している。

 抑え右腕ブランドン・モローはダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦で3ランを被弾したが、救援陣が打たれた本塁打はその1本のみ。前田に至っては、4奪三振を含め、打者9人を完全に仕留めている。本職ではないリリーバーとして衝撃的な活躍を見せる「MAEDA」への称賛はやまずにいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集