[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手より圧倒的に速い!? 鬼肩捕手が「140.6キロ」のバズーカ送球で敵地騒然

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズで、投手ばりの剛速球で二盗を刺すスーパープレーが炸裂。実況は大興奮し、敵地が騒然とした空気に包まれるシーンが発生した。「MLB JAPAN」公式ツイッターも「1.85秒バズーカ送球」の瞬間を紹介している。

カブス捕手が「140.6キロ&1.85秒」で二盗阻止…実況興奮「ビューティフルスローだ」

 米大リーグのリーグ優勝決定シリーズで、投手ばりの剛速球で二盗を刺すスーパープレーが炸裂。実況は大興奮し、敵地が騒然とした空気に包まれるシーンが発生した。「MLB JAPAN」公式ツイッターも「1.85秒バズーカ送球」の瞬間を紹介している。

 なぜ、捕手なのに140.6キロで投げられるのか。あっと息をのんだら、もう二塁に到達。そんな鬼肩で敵地を騒然とさせたのは、カブスのウィルソン・コントレラス捕手だ。

 15日(日本時間16日)の優勝決定シリーズ第2戦、ドジャース戦だった。0-0で迎えた4回2死一塁。俊足の一塁走者プイグはモーションの大きい左腕レスターの5球目に仕掛け、スタートを切った。レスターが投じたのは76マイル(約122.4キロ)のカーブ。しかし、コントレラスはそれを上回る140キロ超の目の覚めるような“直球”を披露する。

 外角低めを捕球すると同時に立ち上がり、右腕を思い切り振り抜いた。火の出るような剛速球は二塁手バエスのグラブへ。頭から滑り込んだプイグをタッチし、アウトにしてみせたのだ。沸きかけた地元のドジャースファンは騒然。対照的に実況は「ビューティフルスローだ」と大興奮で伝えている。

 米解析システム「スタットキャスト」によると、送球は87.3マイル(約140.6キロ)、二塁到達1.85秒で投げ込んでいる。球速が出にくいカーブとはいえレスターの投球より圧倒的に速く、投手と違ってノーステップで投げ投げる捕手の球速としては驚異的だ。「MLB JAPAN」が公開した映像では、投手付近を通過したあたりから送球が伸びているようにも見える。

 コントレラスの肩は、それほど図抜けていた。試合は1-4でサヨナラ負けを喫し、手痛い2連敗となったが、17日(日本時間18日)から本拠地に戻る。扇の要に座る鬼肩捕手コントレラスとともに反攻に転じられるか。巻き返しに期待したい。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集