[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳タイソン、衝撃“ワンパンKO”をリング誌復刻 戦慄の左に反響「歴史的な試合」

元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)。圧倒的な強さで世界のボクシングファンを沸かせた男に、「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「ザ・リング」が再注目している。34年前、当時WBC世界ヘビー級王者だったトレバー・バービック(カナダ)に2回TKO勝ち。20歳5か月という史上最年少で世界ヘビー級王者となった。当時のKOシーンを「ザ・リング」が公開すると、ファンからは「歴史的な試合」「子どもの頃から1番好きなマッチ」などと多数の反響が寄せられている。

現役時代のマイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
現役時代のマイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

1986年、タイソンが20歳5か月で世界ヘビー級王者となった試合に米再注目

 元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)。圧倒的な強さで世界のボクシングファンを沸かせた男に、「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「ザ・リング」が再注目している。34年前、当時WBC世界ヘビー級王者だったトレバー・バービック(カナダ)に2回TKO勝ち。20歳5か月という史上最年少で世界ヘビー級王者となった。当時のKOシーンを「ザ・リング」が公開すると、ファンからは「歴史的な試合」「子どもの頃から1番好きなマッチ」などと多数の反響が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 強烈な一撃で王座を掴んだ。2回、体を密着させた状態から、タイソンが放ったパンチで距離ができた。次の瞬間、タイソンの強烈な左フックが顔面をとらえた。少し間をおいて、後ろ向きに倒れたバービック。立ち上がろうとするが足はフラフラで尻もちをついてしまった。再度起きようと試みたが、またも転倒。レフェリーが試合終了を伝えた。

 喜ぶタイソンとは対照的に、関係者に脇を抱えられてリングの外へ向かうバービックの姿からダメージの大きさが伝わってくる。「ボクシングの聖書」と呼ばれる権威を持つ「ザ・リング」の公式インスタグラムは、1986年11月に米ラスベガスで行われた一戦の動画を公開。若きタイソンの衝撃KOに、ファンからは多数のコメントが寄せられている。

「この上から映像で試合をフルに見ることを想像してみて」
「一発でノックダウン……」
「この男を倒すだけでは物足りず、打ちのめそうとした。愛しい男だよ、マイク!!!」
「ワイルダーは決してヘビーウェイトで強烈な一撃を与えなかった」
「朝飯前」
「歴史的な試合」
「うれしくて見るのがつらい」
「今でも1番好きな試合」
「子どもの頃から1番好きなマッチだ」

 試合から今年で34年。タイソンの初戴冠の試合は、リング誌にとっても衝撃の出来事だったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集