[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】 快進撃の日本、英記者が注目した日本人のメンタリティ 「それをドリョクと呼ぶ」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、日本が1次リーグ突破を決めた直後、英紙のコラムニストが日本に伝わる“努力”の文化に脚光を浴びせ、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の持つ理論との融合にも注目した様子を再度紹介する。

ラグビー日本代表【写真:Getty Images】
ラグビー日本代表【写真:Getty Images】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、日本が1次リーグ突破を決めた直後、英紙のコラムニストが日本に伝わる“努力”の文化に脚光を浴びせ、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の持つ理論との融合にも注目した様子を再度紹介する。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 史上初の8強入りで快進撃を続けた日本の戦いぶりは各国から称賛を集めていたが、破竹の4連勝はラグビー発祥の地の記者の心をも揺さぶった。英紙「ガーディアン」の記者、アンディ・ブル氏は「日本では、それをドリョクと呼ぶ、しかし努力だけでは南アフリカは倒せない」と題してコラムを執筆していた。

 同氏はまず、日本のスポーツ界に伝統的に伝わる「努力」という文化について、甲子園の伝説的な選手として「サダハル・オー」の名前を出しながら、「ドリョク」とローマ字を交えて紹介。日本の子どもたちは毎日数時間、週に6日トレーニングするという、勤勉さを驚きをもって読者に伝えていた。

 そうした文化に来日したメジャーリーガーが驚いたことや、ドン・ブラッシンゲーム(日本の登録名ブレイザー=元南海など)が監督時代に過度な練習がシーズン終盤の失速の原因であると話していたことなどのエピソードを交えながら、いかに日本特有の文化であるかを説明していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集