[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソン屈指の冷酷KO V19の元絶対王者を粉砕した“戦慄の右”に再脚光「野獣だ」

ボクシング界に今なお伝説の王者として輝くマイク・タイソン(米国)。元世界3団体ヘビー級統一王者の衝撃的なKOの一つが、同級で防衛19度を誇ったラリー・ホームズ(米国)を破った試合だ。1988年1月、右フックで元絶対王者を失神させたシーンを、米メディアは動画付きで公開。ファンからは「野獣だ」「蜂のように刺している」などと反響が寄せられている。

マイク・タイソン【写真:Getty Images】
マイク・タイソン【写真:Getty Images】

32年前、ラリー・ホームズにTKO勝ちしたシーンに米ファン再熱狂「蜂のように刺す」

 ボクシング界に今なお伝説の王者として輝くマイク・タイソン(米国)。元世界3団体ヘビー級統一王者の衝撃的なKOの一つが、同級で防衛19度を誇ったラリー・ホームズ(米国)を破った試合だ。1988年1月、右フックで元絶対王者を失神させたシーンを、米メディアは動画付きで公開。ファンからは「野獣だ」「蜂のように刺している」などと反響が寄せられている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 32年前の失神KOには、未だに戦慄が走る。タイソンの持つ3つのベルトをかけた世界戦。タイソンは4回、挑戦者ホームズをコーナーに追い詰めて強烈なパンチを浴びせる。顔面、ボディーに約6秒間で8連打。最後は重たい右フックが炸裂した。大の字でマットに沈んだ元王者に、レフェリーがすぐに駆け寄りTKO勝ち。ホームズの状態を心配した関係者が輪を作る中、タイソンは事もなげにリングの外へ向かっていった。

 73年のデビューから85年の初黒星まで無敗を誇っていたホームズは、38歳で引退を撤回して臨んだ一戦。キャリア唯一のKO負けだった。タイソンが元絶対王者を圧倒したシーンを、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式ツイッターは動画で公開。「ラリー・ホームズへのノックアウトは、タイソン屈指の冷酷なものであった」とつづられた投稿には、ファンから様々な反響が寄せられた。

「タイソンは野獣だった」
「蜂のように刺している」
「タイソンは相手を打ち壊すのだ」
「ホームズは老いていた。金の為に戦ったんだと思う」
「アリの仇を討ったんだ」
「タイソンは彼を殺したのかと思ったよ」

 この試合でWBCは5度目、WBAは4度目、IBFは2度目の防衛となったタイソン。圧倒的な強さは、今もなおファンの心に残り続けているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集