[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ジョーダン以上」の声も 怪物ザイオン、大学時代の“フリースローダンク”に米衝撃

米プロバスケットボール(NBA)のルーキー、ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)。開幕から故障で出遅れていたが、復帰後は高いポテンシャルを発揮。怪物の片りんを見せつけている。新型コロナウイルスの影響でNBAが中断している今、米メディアはデューク大時代のフリースローラインから跳びあがって叩き込む、“超跳躍ダンク”に脚光。米ファンに衝撃が走っている。

デューク大時代のザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】
デューク大時代のザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】

NBAロスにファン興奮、デューク大時代に披露した衝撃ダンクに再脚光

 米プロバスケットボール(NBA)のルーキー、ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)。開幕から故障で出遅れていたが、復帰後は高いポテンシャルを発揮。怪物の片りんを見せつけている。新型コロナウイルスの影響でNBAが中断している今、米メディアはデューク大時代のフリースローラインから跳びあがって叩き込む、“超跳躍ダンク”に脚光。米ファンに衝撃が走っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 怪物としか言いようがない。勢いよく加速をつけて踏み切った位置はフリースローラインだ。そしてそのまま右手一本でボールをリングにたたきつけた。チームメートも驚きを隠せないようで、次々とザイオンの周りに集まり体をぶつけあっていく。練習中のプレーではあるが、まさしく規格外だ。

 大学時代からザイオンと言えばダンクが代名詞。衝撃的なダンクをいくつも決めてはいるが、これもまた米ファンを驚愕させている。

 米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」公式インスタグラムが「ザイオンがデューク大時代の、フリースローラインからのダンク」とキャプションを添えて、実際の動画を投稿。するとファンからは「エアザイオン」「未来のMVP」「野獣モードのザイオン!」」「超簡単そうにやっている」「アメリカでトップ3に入る選手だと思う」などと称賛が相次いでいた。

 またフリースローラインからのダンクと言えば、“神様”マイケル・ジョーダンが有名。いまだNBAファンの間では語り草となっている。練習中と試合中で、比較は難しいが、ジョーダンを彷彿させる一撃に「ザイオンはジョーダン以上」「ジョーダンのダンクの進化系だ」などと興奮した様子のコメントも少なくはなかった。

 NBA再開後に、どんな衝撃ダンクを見せてくれるのか。ファンは楽しみにしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集