[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】失意の夜にスコットランド記者を感動させた 日本人ファンの優しさ「魅力的な瞬間」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は10月13日のA組最終戦で日本に敗れたスコットランドの担当記者が、失意の夜に経験したという逸話を再度紹介。同記者は「なぜ我々ラグビーの旅行者が日本代表と日本に恋に落ちるのか」と報じ、海外から訪れた旅行客が抱く日本愛のエピソードを明かしている。

ラグビー・スコットランド代表【写真:石倉愛子】
ラグビー・スコットランド代表【写真:石倉愛子】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は10月13日のA組最終戦で日本に敗れたスコットランドの担当記者が、失意の夜に経験したという逸話を再度紹介。同記者は「なぜ我々ラグビーの旅行者が日本代表と日本に恋に落ちるのか」と報じ、海外から訪れた旅行客が抱く日本愛のエピソードを明かしている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 W杯8強を巡る横浜での死闘の末、21-28で惜しくもホスト国に敗れたスコットランド。BBCスコットランドで担当記者を務めるトム・イングリッシュ氏は自身のコラムで、被トライ数の多さという守備面の課題の出たチームの敗退を悔やむ一方、日本の8強での健闘を祈っていた。

「(日本の準々決勝の)南アフリカ戦で何が起ころうと、日本のフィールドでの熱量と、ピッチを離れた人々の個性と賑やかさは忘れることができない。もしも、あなたが南アフリカ人でなく、魂というものを持っているなら、週末は日本側で応援することになるだろう」

 ピッチ上の勇猛果敢な闘いぶりとスタンドでの圧倒的なサポートで海外メディアから称賛を受けたブレイブ・ブロッサムズ(日本代表の愛称)。南アの人々以外は誰もが応援することになると予想していた。

 なぜ、日本に声援を送ることになるのか――。記事では一つのエピソードを紹介している。

「ここで小話を。なぜ、我々、ラグビーファンの旅行者がこのチームとこの国に恋に落ちるのか」。試合直後の日曜日深夜1時30分、無線LANを求めてハンバーガーショップに入った記者は仕事上の理由で「ストレスレベルは上昇していた」というが、ある日本人ファンが心を温めてくれたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集