[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

きょうは「ガッツポーズの日」 編集部が選んだ羽生結弦の“No.1ガッツポーズ写真”

4月11日は「ガッツポーズの日」。これは「OK牧場」でおなじみのガッツ石松が、1974年4月11日にWBC世界ライト級タイトル戦で王者ロドルフォ・ゴンザレス(メキシコ)を破り、日本人初となるライト級王座を奪取した日に由来する。リング上で歓喜があふれ、両拳を掲げたことで「ガッツポーズ」と呼ばれるようになったとされている。

編集部が選んだ羽生結弦のNo.1ガッツポーズは17年国別対抗の1枚【写真:Getty Images】
編集部が選んだ羽生結弦のNo.1ガッツポーズは17年国別対抗の1枚【写真:Getty Images】

ガッツ石松に由来する「ガッツポーズの日」に選んでみた

 4月11日は「ガッツポーズの日」。これは「OK牧場」でおなじみのガッツ石松が、1974年4月11日にWBC世界ライト級タイトル戦で王者ロドルフォ・ゴンザレス(メキシコ)を破り、日本人初となるライト級王座を奪取した日に由来する。リング上で歓喜があふれ、両拳を掲げたことで「ガッツポーズ」と呼ばれるようになったとされている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 そんな中、「THE ANSWER」は近年、世界の大舞台で最も魅惑のガッツポーズを見せてきたアスリートの一人、フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)の「No.1ガッツポーズ写真」を選んでみた。

 平昌五輪のフリー演技後、もしくは表彰式など、ファンの記憶に残る「ガッツポーズ」はあるが、敢えて選んだのは17年世界国別対抗の一枚。フリーの演技後、キス・アンド・クライで得点表示の際に見せたガッツポーズはピンク色のリボンをつけ、力強く右拳を握ってみせたもの。会心の表情とは対照的な装いのギャップが、お祭りムードの大会に映えた。

 ツイッター上でも「#ガッツポーズの日」のハッシュタグで盛り上がっている4月11日。もちろん、お気に入りの場面はそれぞれあるだろう。皆さんにとっての“最高のガッツポーズの瞬間”はいつだろうか?

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集