[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ロシア3人娘に独占された」 五輪メディアが今季を回顧「いかに局面を変えたか」

女子フィギュアスケート界をリードするロシア勢。昨年12月のグランプリ(GP)ファイナル、1月の欧州選手権ではアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワの3人が表彰台を独占するなど、実力を示している。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は、ロシア3人娘がフィギュア界の局面をいかに変えたかに注目している。

今年の欧州選手権で表彰台を独占したアリョーナ・コストルナヤ(中央)、アンナ・シェルバコワ(左)、アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
今年の欧州選手権で表彰台を独占したアリョーナ・コストルナヤ(中央)、アンナ・シェルバコワ(左)、アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワのロシア3人娘に注目

 女子フィギュアスケート界をリードするロシア勢。昨年12月のグランプリ(GP)ファイナル、1月の欧州選手権ではアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワの3人が表彰台を独占するなど、実力を示している。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は、ロシア3人娘がフィギュア界の局面をいかに変えたかに注目している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 同メディアは「ロシア3人娘はいかにして女子フィギュアの局面を変えたか」というタイトルで記事を掲載。「シニア初参戦となったロシアの3人娘によって独占される形となった」と2019-2020シーズンを振り返っている。

 シニア転向前から実力を示していた3人ではあるが、記事では「この“3A”(3人娘)のうち、昨年の日本での世界選手権に出場した者はいない。彼女たちは、世界ランクにも入ってさえいなかったのだ」と急速に世界を席巻する存在となったことに着目。2019年3月の世界選手権では2位のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が、国際スケート連盟公認大会で女子のシニア選手としては史上初めて4回転サルコウを決めているが、記事にはこう記されている。

「世界選手権を制したのはザギトワだったが、その一方で、トゥトベリーゼの別の門下生エリザベート・トゥルシンバエワがシニアの国際大会で4回転ジャンプ(サルコウ)を成功させた初の女子スケーターとなっている。ただ、その時点まででシェルバコワとトルソワを含むジュニアのスケーターたちが4回転を成功させているのだ」

 多くの名選手を育ててきたエテリ・トゥトベリーゼ氏の指導を受けるロシア3人娘。記事では「ザギトワとメドベージェワが不在となった間、この3人娘がシーズンのタイトルを分け合うこととなった。この3人の中でも、コストルナヤに関しては4回転ジャンプを武器としていない唯一のスケーターだ。しかし、他の2人に比べ現在の成功を楽しんでいると言えるのは彼女だろう」と4回転なしでも高得点をマークするコストルナヤについて特に言及している。

 記事ではほかに、ロシア3人娘の対抗馬として、紀平梨花(関大KFSC)やユ・ヨン(韓国)の名前を挙げるほか、1月のロシア・ジュニア選手権で合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った13歳の超新星カミラ・ワリエワ(ロシア)に言及している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集