[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、復活のダンク3発 直近2試合3得点の沈黙から一変「やるべきことができた」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは10日(日本時間11日)、本拠地でニックスと対戦し、122-115で勝利。復帰以降、15試合連続先発の八村塁は3試合ぶりの2桁得点となる12得点、7リバウンド、2アシスト、2ブロックを記録した。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

3試合ぶりの2桁12得点の躍動に満足感「FGは絶対、決まると分かっているので」

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは10日(日本時間11日)、本拠地でニックスと対戦し、122-115で勝利。復帰以降、15試合連続先発の八村塁は3試合ぶりの2桁得点となる12得点、7リバウンド、2アシスト、2ブロックを記録した。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 眠っていた八村がお目覚めだ。開始15秒で3試合ぶりのフィールドゴールを決めると、その1分後にはブロックも記録。攻守にリズムをつかむと、この日はダンク3発を含む12得点。7リバウンド、2アシスト、2ブロックと攻守にわたって存在感を発揮し、最大18点差の逆転勝ちに貢献した。

 試合後、八村は逆転勝ちについて「最初いい出足ができたけど、中盤に僕らの甘いところが出てしまい、逆に18点リードされたのはダメだったと思うけど、しっかりと後半に持ち込めたので良かった」と安堵した上で、自身のパフォーマンスについては「オフェンスもディフェンスもやるべきことができたんじゃないか」と満足感を示した。

 直近2試合は無得点を含め、計3得点と沈黙。「チームでどうやって活躍できるのかいろいろ勉強して、切り替えて(不振だった)2試合分のところが今日はできたんじゃないか」と語り、過去2試合フィールドゴールが決まってなかったことについても「僕としては絶対、決まると分かっているので。気にしてもしょうがない」と冷静に受け止めていた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集