[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米賛否のワイルダー陣営タオル投げ “神の子”ウォードは支持「彼を尊敬し味方する」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。まさかの王者陥落を巡っては、陣営のタオル投げの早さに対して賛否の声が一部で上がっているが、元2階級制覇王者のアンドレ・ウォード(米国)は「私はマーク・ブリーランド氏を尊敬し、彼の味方だ」とトレーナーの判断を支持している。

デオンテイ・ワイルダー(左)はタイソン・フューリーに敗れた【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー(左)はタイソン・フューリーに敗れた【写真:Getty Images】

7回で棄権判断したブリーランド氏に「彼のようなトレーナーがもっと必要」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。まさかの王者陥落を巡っては、陣営のタオル投げの早さに対して賛否の声が一部で上がっているが、元2階級制覇王者のアンドレ・ウォード(米国)は「私はマーク・ブリーランド氏を尊敬し、彼の味方だ」とトレーナーの判断を支持している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 現役時代は「神の子」の異名で32戦無敗、「ESPN」で解説者を務める元スーパーミドル級、ライトヘビー級王者のウォードは“世紀の再戦”から一夜明け、ツイッターを更新。7回でタオルを投げたワイルダー陣営のトレーナー、マーク・ブリーランド氏の判断について3回にわたって投稿し、持論を説いている。

「マーク・ブリーランド氏は、デオンテイ・ワイルダーという一人の人間をより大切に考えていたから、ワイルダーと仕事を共にした。(試合では)同情を見せたのだ。また、ブリーランド氏は、コーナーで意思決定を下せる最も資格のある人間でもある。だからこそ、試合でもあのような決定を下したのだ。人々から支持を集めることが、常に正しいというわけではない」

 こう前置きした上で「トレーナーの一番の仕事は、選手が家族の元に帰れるよう、その能力においてすべてを尽くすことにある。それ以外は、勝つことも含め二の次だ。引退の10カウントはもうこれ以上、聞きたくない。ファイターなら戦いたいと思うだろうが、良きコーチはそうさせないものだ」と指摘した。

 さらに、続けて「私はマーク・ブリーランド氏を尊敬し、彼の味方だ」と同氏の判断に支持を表明。「ボクシングには、彼のようなトレーナーがもっと必要だ」と訴えた。

 ワイルダーは過去も劣勢から一撃で形勢逆転させてきた過去もあり、この判断を巡っては一部米ファンから「早かった」との指摘が上がり、賛否を呼んでいた。しかし、今回については2回に左側頭部に強烈な一撃を食らって完全に足が止まり、大逆転は難しかった印象だ。数々の修羅場をくぐってきたウォードは、陣営の判断は正しいとの見方を示していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集