[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

これがNBA球宴か -19度でも“熱すぎる”シカゴ、新人記者がスターだらけの衝撃を見た

14日から16日(日本時間15日から17日)に行われた米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンド。日本人初のドラフト1巡目指名ルーキー、ウィザーズの八村塁が出場した若手のオールスター「ライジング・スターズ・チャレンジ」に始まり、近年稀に見る大熱戦が演じられたオールスターゲームまで、3日間全日程を「THE ANSWER」編集部は取材。夢の祭典の舞台裏を取材記者の目線から紹介する。そこにはファンのみならず、現地記者たちも熱を帯びた時間が存在した。

大熱狂のNBA、ザイオンの会見ブースに大勢の人の群れが…【写真:土屋一平】
大熱狂のNBA、ザイオンの会見ブースに大勢の人の群れが…【写真:土屋一平】

八村塁が日本人初の若手オールスター出場、取材エリアも大混雑

 14日から16日(日本時間15日から17日)に行われた米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンド。日本人初のドラフト1巡目指名ルーキー、ウィザーズの八村塁が出場した若手のオールスター「ライジング・スターズ・チャレンジ」に始まり、近年稀に見る大熱戦が演じられたオールスターゲームまで、3日間全日程を「THE ANSWER」編集部は取材。夢の祭典の舞台裏を取材記者の目線から紹介する。そこにはファンのみならず、現地記者たちも熱を帯びた時間が存在した。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 雪だ。悪天候による遅延で、極寒のシカゴ・オヘア空港に着いたのは、予定よりも3時間ほど遅い午後6時頃だった。

 外気温はマイナス19度。吐く息が白い。鉄道駅から外へ出て、刺すように鋭く冷たい風に吹かれながらホテルへと向かった。寒いぞ、シカゴ。これから3日間の日程で行われるオールスター・ウィークエンドへの歓迎は手厳しかった。

 日本人選手がオールスター・ウィークエンドに登場した。数年前までは夢のような話だったことが、目の前で現実になった。シーズン中の活躍を見れば、「ライジング・スターズ・チャレンジ」への選出に特別驚きはない。驚きがないというその事実こそが驚きだ。

 八村は練習前の会見から大人気だった。日本のメディアだけではない。各国報道陣が、「日本の現状については?」「今季のMVPは誰だと思う?」「コービーについては?」と矢継ぎ早に、様々なアクセントの英語で八村に質問する。普段からウィザーズの試合後の会見でも大人びた受け答えをする八村だが、堂々と質問に答える姿は、すでに“NBA選手”だった。

 その八村以上の人気を博したブースがあった。ドラフト全体1位指名を受けた大型新人ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)だ。扇状にザイオンを取り囲んだ取材陣は、行儀よく押し合いへし合いし、最後方にいたってはザイオンの姿など見えない。ほとんど野次馬のような状態になっていた。

 試合でもマッチアップした八村とザイオンは、ともに豪快なダンクで会場を大いに沸かせた。試合後のミックスゾーンでもリラックスした様子で受け答えをする八村。来年のライジングスターとオールスターのW出場にも「出られたらいいなと思います」と意欲を示した。八村なら本当に実現させてしまうのではないだろうか。そう思わせる、驚くべき22歳だ。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集