[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、ソウルで生まれた世界新に韓国紙も脱帽「格が違った」「フィギュアの皇帝」

フィギュアスケートの4大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる111.82点をマークし、首位発進。2年ぶりに披露した名プログラム「バラード第1番」で衝撃の演技を披露したが、開催国の韓国メディアも「格が違った」「フィギュアの皇帝」と脱帽している。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

「バラード第1番」でSP世界最高得点、韓国メディア「完璧そのものだった」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる111.82点をマークし、首位発進。2年ぶりに披露した名プログラム「バラード第1番」で衝撃の演技を披露したが、開催国の韓国メディアも「格が違った」「フィギュアの皇帝」と脱帽している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 絶対王者がソウルで新たな伝説を打ち立てた。リンクに響くピアノの旋律、「バラード第1番」のメロディーとともに羽生は滑り出す。冒頭の4回転サルコーを完璧に決めると、4回転―3回転の連続トウループに着氷。ステップ、スピンもオールレベル4を獲得する質の高い演技を披露し、後半の3回転ジャンプも抜群の高さで決めた。

 割れんばかりの大歓声が降り注ぎ、リンクはすぐさまプーさんの海と化した。日本と見間違うかという熱気。そして、キス・アンド・クライで「111.82」の世界歴代最高得点が表示されると、歴史を目撃した会場は騒然となった。そんな快挙に対し、開催国の韓国メディアも反応した。

 地元紙「東亜日報」は「格が違った羽生…リンクに人形の花が降った」と見出しを打って特集。平昌五輪と同じプログラムに変更したことについて「当時のいい記憶を思い出して今まで縁のなかったISU四大陸フィギュア選手権大会の頂点に立つという覚悟が伺える」と評した上で羽生については「フィギュアの皇帝」と評し、世界最高得点の演技を伝えた。

 演技については「完璧そのものだった」「この日3つのジャンプ全て安定して跳んだ」と称賛。さらに「羽生が演技を終えると彼が好きなくまのプーさんの人形が氷上に降った」と演技後に銀盤が様変わりした様子まで伝えていた。平昌五輪で男子66年ぶりとなる五輪連覇を果たしており、韓国の地で新たな快挙を達成した羽生。その姿を地元メディアも評価していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集