[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デービス、レブロンに続く“コービー追悼タトゥー”に米反響「間違いなく最高だ」

米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは31日(日本時間2月1日)、本拠地トレイルブレイザーズ戦でOBのコービー・ブライアント氏がヘリコプター事故で死去後、初めての試合を開催。追悼セレモニーが行われるなど、早すぎた死を選手、ファンらが悼んだ。そんな中、ロンドン五輪で一緒に戦ったアンソニー・デービスがコービー氏を追悼するタトゥーを入れた。同僚のレブロン・ジェームズに続く行動について、米メディアが実際の写真を公開し、「間違いなく最高のタトゥーだ」と反響を集めている。

レイカーズのアンソニー・デービス【写真:Getty Images】
レイカーズのアンソニー・デービス【写真:Getty Images】

太ももに「ブラックマンバ」を入れる、米メディア公開「コービーを偲んで」

 米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは31日(日本時間2月1日)、本拠地トレイルブレイザーズ戦でOBのコービー・ブライアント氏がヘリコプター事故で死去後、初めての試合を開催。追悼セレモニーが行われるなど、早すぎた死を選手、ファンらが悼んだ。そんな中、ロンドン五輪で一緒に戦ったアンソニー・デービスがコービー氏を追悼するタトゥーを入れた。同僚のレブロン・ジェームズに続く行動について、米メディアが実際の写真を公開し、「間違いなく最高のタトゥーだ」と反響を集めている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 コービー氏の象徴を体に刻み、戦う。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムは3枚の写真を公開した。太ももに描かれたイラスト。剣のようなものに蛇が絡みつき、舌を出している。コービー氏の愛称で知られた「ブラックマンバ(毒蛇)」を描いたもの。合わせてベッドで横になり、タトゥーを入れる作業を受けるデービスの姿も公開している。

 前日にはレブロンも同様にタトゥーを入れていたことが明らかになっており、投稿では「アンソニー・デービスもコービーを偲んでタトゥーを彫った」と紹介。コメント欄には「レブロンのタトゥーより良いね」「自分も明日彫りにいこう」「レブロンのアップグレード版ってところかな」「失われた命を大切に感じているよ」「間違いなく最高のタトゥーだね」とコメントが届いた。

 26歳のデービスはコービー氏と年の差はあったが、ロンドン五輪でともに米国代表としてプレー。金メダルを獲得したチームメートであり、憧れの選手の一人だった。今はコービー氏もプレーしたレイカーズのユニホームを着ている。そんな思いを太ももに込め、これからもコートを走り続ける。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集