[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「1時間33分42秒」 耐えて耐えまくる54歳女子選手、卓球世界最長ゲームで勝利

「1時間33分42秒」 耐えて耐えまくる54歳女子選手、卓球世界最長ゲームで勝利

卓球のオーストリアオープン(リンツ)は21日(日本時間22日)に本戦がスタート。女子シングルス1回戦の橋本帆乃香(ミキハウス)対ニー・シャーリエン(ルクセンブルク)の一戦で世界記録が誕生した。国際卓球連盟(ITTF)が公式Facebookで「世界最長ゲーム」となったことを動画付きで公開すると、「ファンタスティック」などファンから反響の言葉が相次いだ。

オーストリアOP1回戦、ニー・シャーリエンが1時間33分42秒の接戦の末に橋本撃破

 卓球のオーストリアオープン(リンツ)は21日(日本時間22日)に本戦がスタート。女子シングルス1回戦の橋本帆乃香(ミキハウス)対ニー・シャーリエン(ルクセンブルク)の一戦で世界記録が誕生した。国際卓球連盟(ITTF)が公式Facebookで「世界最長ゲーム」となったことを動画付きで公開すると、「ファンタスティック」などファンから反響の言葉が相次いだ。

 卓球界の歴史に名を刻んだのは、54歳のニー・シャーリエンだ。

 立ち上がり2ゲームを9-11、5-11と橋本に奪われたが、第3、第4ゲームを連取してタイに持ち込む。第5ゲームを5-11で落とし、勝負の第6ゲームは一進一退の攻防。なんとかしのいで16-14で再びタイに戻すと、最終ゲームはさらに白熱した展開となった。

 17-16とマッチポイントを迎えた局面、自身のサーブからラリーが続き、5本、10本、20本…。スマッシュを打っても拾ってくる橋本に、耐えて耐えまくる粘りの卓球で応戦。最後はコーナーに強烈なショットを打ち込んで相手のミスを誘い、ゲームカウント4-3で白星を手にした。ニー・シャーリエンは勝利が決まると、「ヤー!」と叫んで片手でガッツポーズ、さらに今度は「ヤー!」と両手でガッツポーズを繰り出し、喜びを表現した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー