[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高橋沙也加、“正夢”の8強 「勝つまで絶対誰にも言わない!」と決めていた夢とは

高橋沙也加、“正夢”の8強 「勝つまで絶対誰にも言わない!」と決めていた夢とは

姉のメッセージを力に変えて苦手の相手を破った。前夜に見た夢は、正夢となった。

ヨネックスOP、苦手を撃破…リオ金の姉・礼華から「気楽に」のメッセージ

 姉のメッセージを力に変えて苦手の相手を破った。前夜に見た夢は、正夢となった。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は21日に各種目の2回戦を行い、女子シングルスの高橋沙也加(日本ユニシス)は2-1(21-13、17-21、21-13)で川上紗恵奈(北都銀行)を破って準々決勝に駒を進めた。

 世界ランク23位の高橋と、同20位の川上は、ともに日本B代表。互いに意地を見せる激戦となったが、3連敗中だった高橋が熱戦を制した。両者は、7月に全日本実業団選手権の決勝、カナダオープン、米国オープンと3度対戦し、高橋は、いずれもストレート負けを喫していた。何としても勝ちたい相手に競り勝った高橋は、勝利が決まるとコートに倒れ込んで達成感を表した。

 苦手とする相手に臨むにあたり、リオデジャネイロ五輪で女子ダブルスの金メダルを獲得した姉の礼華からは「3連敗しているんだから、気楽にやればいい」というメッセージをもらったという。自分が勝ちたいと思う試合のときに声をかけてくれる存在だという姉の言葉を受け「失うものは何もないので、プレッシャーを感じることはなかった。負けているときも楽しかった」と前向きな姿勢を失わずに立ち向かった。

 もちろん、具体的な対策も施していた。身長168センチで左利きの高橋は、強打が持ち味。対する川上は、身長160センチで小柄だがフットワークとレシーブ力に優れる選手だ。強打が決まれば楽だが、決まらなければ、返球しながら相手を崩していく川上のペースになる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー