[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、激闘のWBSS決勝 主催者が「2人は多くのミスを犯した」と回想した理由とは

ミスを犯した原因は…「どちらのボクサーもあまりに優秀すぎて…」

「イノウエは試合前に圧倒的な本命だったことが、人々がこの試合を認めた理由だと思う。私は12ラウンドの間、座っていたが、口は開きっぱなしだったよ。アリーナの観衆とテレビで見ていた東京の900万人と同じように」

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 実力者同士の、想像を上回る死闘に心を奪われていたというザワーランド氏はスーパーライト級のファイナルと比較している。

「個人的にはテイラー対プログレイス戦には技術面では及ばない。どちらのファイターもあまりに多くのミスを犯した。だが、そのミスは強いられたものだ。どちらもミスを誘発した。それでエキサイティングさが想像以上に増すことになったんだ」

 井上は2回に被弾し、キャリアで初めてのカットで流血するアクシデントに見舞われた。試合後には鼻骨と眼窩底骨折も発覚。スーパーライト級のファイナルと比べても粗さが目立ったと分析するが、そのミスはハイレベルな2人の駆け引きの中で誘発されたものだったと見ている。

「どちらのボクサーもあまりに優秀すぎて、互いのミスを誘発したんだ。壮絶な戦争になった理由でもある。これから先、何年も語り継がれるものになった。ボクシング史上偉大なファイトまで登りつめたんだ」

 多方面から絶賛を浴びているバンタム級の世界一決定戦。大会主催者にとっても珠玉の名勝負だったと、改めて最敬礼していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集