[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳サドフスキーが逆転で初優勝 2位グエン、3位メッシング…カナダ選手権男子FS

フィギュアスケートのカナダ選手権は18日(日本時間19日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のローマン・サドフスキーが合計260.57点で逆転し、初優勝を飾った。

ローマン・サドフスキー【写真:Getty Images】
ローマン・サドフスキー【写真:Getty Images】

NHKで羽生と表彰台に上がったサドフスキーが逆転V

 フィギュアスケートのカナダ選手権は18日(日本時間19日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のローマン・サドフスキーが合計260.57点で逆転し、初優勝を飾った。

 サドフスキーは冒頭の4回転サルコウ、続く3回転フリップを綺麗に着氷。波に乗ると、中盤の3回転ループの着氷でバランスを崩すシーンはあったものの、それ以外は落ち着いた演技を見せた。上位陣がミスで得点を伸ばせなかったのとは対照的にフリー1位の146.45点をマークし、うれしい逆転優勝を飾った。

 20歳のサドフスキーは過去6度カナダ選手権に出場しているが、表彰台はなし。直近2年はともに7位だったが、今季はグランプリ(GP)シリーズNHK杯で3位に入り、優勝した羽生結弦(ANA)とともに初めて同シリーズ表彰台に上がるなど好調。勢いそのままに、母国の大舞台で最高の結果を残してみせた。

 SP2位の前年覇者ナム・グエンは合計243.51点で2位、SP首位だったキーガン・メッシングは241.79点で3位となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集