[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥原希望、世界の名勝負再び― ホームの利で宿敵撃破へ「自分のプレーに持ち込む」

国内で、あの戦いが蘇る。ヨネックスOP2回戦で、世界女王の奥原希望(日本ユニシス)と、宿敵のプサルラ・V・シンドゥ(インド)が対戦することが決まった。

ジャパンOP2回戦でリオ銀プサルラと激突…通算4勝4敗、今夏の世界選手権決勝で撃破

 国内で、あの戦いが蘇る。21日に行われるバドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」の女子シングルス2回戦で、世界女王の奥原希望(日本ユニシス)と、宿敵のプサルラ・V・シンドゥ(インド)が対戦することが決まった。

 両者は、近年2度も大舞台で対戦している。昨夏のリオデジャネイロ五輪の準決勝では、プサルラが勝利。今夏の世界選手権の決勝では、奥原が雪辱を果たして女王の座に輝いた。また、17日のスーパーシリーズ第7戦、韓国オープンの決勝でも対戦しており、プサルラが勝っている。同じ1995年生まれでU-19アジアユース選手権などでも対戦しており、通算対戦成績は4勝4敗。世界のトップを走ろうとする奥原にとって、プサルラは好敵手だ。奥原は五輪で銅、世界選手権で金。プサルラは、五輪と世界選手権で銀メダルを獲得している。

 先に2回戦進出を決めた奥原は「先週の韓国オープンでは、風のある会場で、シャトルも速いシャトルだったので、相手の攻撃に対して少しビビってしまった部分があったんですけど、ここは(世界選手権を行った)スコットランドの会場に似ていて、シャトルがあまり飛ばない、風も少ないというのが特徴だと思うので、少しプレーを先週と変えて、序盤で試しながら戦いたいと思います。長いラリーになりやすい会場だと思うので、自分のプレーに持って行けるようにしたいと思います」と、ホームである日本で、長いラリーに持ち込んで勝つイメージを持っていることを明かした。

 相手のプサルラは、1回戦で三谷美菜津(NTT東日本)を再び撃破した。三谷は、韓国オープンで世界ランク1位のタイ・ツーイン(台湾)を破り、準々決勝で世界選手権銀メダルのプサルラと対戦。第2ゲームを取ってファイナルゲームに持ち込む健闘を見せたが、1-2(21-12、15-21、17-21)で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集