[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「うちの子は遅いから」は変えられる 運動会までに子供の足を速くする方法


正しいスタートの姿勢で大事なのは上体の角度。起きすぎるのは力が入り切らずNG(左)、前に出した足の腰骨に手を当てると挟めるくらいに前傾するのがOK(右)【写真:伊藤友広氏】

正しいスタートの姿勢の取り方は? 大事なのは上体の角度

 伊藤氏が正しいスタートの姿勢を解説する。

「まず、つま先はまっすぐ前に向ける。次に足幅の確認。前後に足を広げ、しゃがんだ時に後ろ足の膝が前足の靴の真ん中くらいにあるとちょうどいい。そのまま足を動かずに立ち上がる。そして、大事なのは上体の角度。前足の付け根の腰骨(腸骨)の前に手を水平に置き、背筋を伸ばしたまま体を前に倒す。この時、手を挟んだくらいの角度が最適です」

 この順序を踏めば、理想的なスタート姿勢がとれやすい。その上で「前足で地面を押して、後ろ足は前に持ってくるだけ。相撲で押した時と同じように前足で強く飛び出すことが大事」と説明。本番は次から次へとスタートが切られ、ゆっくりとスタートの構えを確認できる時間がない。練習からぱっと正しい姿勢が取れるように練習しておくことが理想だろう。

 こうして「全力」の意識を理解し、正しい姿勢でスタートしてしまえば、あとは意識することは何もないと両氏は話す。

 伊藤氏「何を意識すればいいかというと『全力を出そう』ということ。走りの動作は本番前に練習して準備で整えておく。ここで定着していれば、本番は全力を出すだけです。練習で整っていないなら、本番もそのまま。本番だけ意識して本番だけ成功することはないと思います」

 秋本氏「ヨーイドンでスタートを切ったら、何かを意識するということは難しいと思います。練習していることを出し切る、ベストを尽くすとしかいえないかなと。練習以上のものは本番で絶対に出ないので。小学生に本番で緊張しないためには? とよく聞かれるんですが、ちゃんとした準備ができていたら緊張しないと思っています。

 速く走るために重要となるのは「全力」と「スタート」。今から練習を始めても十分に効果は見込める。「うちの子は足が遅いから……」で諦めない。一等賞の夢は、努力次第で近づいてくる。

(次回は番外編。はだし走りの良しあし、スタートで前に出すべき足、コーナーをキレイに回るコツなど、素朴な疑問に回答)

◇伊藤 友広(いとう・ともひろ)

高校時代に国体少年男子A400mで優勝。アジアジュニア選手権日本代表で400m5位、4×400mリレーはアンカーを務め優勝。国体成年男子400mで優勝。アテネ五輪では4×400mリレーに出場。第3走者で日本過去最高の4位入賞に貢献。国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)を取得。現在はスプリント指導のプロ組織「0.01」を秋本真吾氏とともに主催する。
http://001sprint.com/

◇秋本 真吾(あきもと・しんご)

2012年まで400mハードルの陸上選手として活躍。オリンピック強化指定選手にも選出。200mハードルアジア最高記録、日本最高記録、学生最高記録保持者。13年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ、アメリカンフットボール、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。地元、福島・大熊町のために被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。15年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。現在は「0.01」を伊藤友広氏とともに主催する。
http://001sprint.com/

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集