[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「冷たい飲み物」が実は夏バテの原因に? “内臓の冷え”を防ぐ、上手な飲み方とは

「どんな飲み物が体を冷やしにくいか」を覚えておくのも手

 例えば、食事時は必ず温かいものと摂ると決めます。まずは朝食、もしくは通勤時の飲み物を変えてみる。そもそも、人間は朝食を摂らないと、なかなか体温が上がりません。何も食べずに家を飛び出し、冷たい缶コーヒーやペットボトルの緑茶を一気に流し込めば、当然、胃腸にも負担がかかります。朝は朝食をしっかりとって体温を上げる。その際、温かい紅茶やカップスープなど、温かい汁物や飲み物も一緒にいただく。どうしても朝食をとる時間がない方も、温かいカフェオレやスープだけでも摂りましょう。

 ランチタイムも、温かい汁物をいただきます。温かいそばやうどん、味噌汁やスープのついている定食やセットメニューもよい。夏はお店から冷たい緑茶や水が出されると思いますが、選べるのであればぜひ、温かい物をいただきましょう。

 また、冷たいものを飲む時は、「一気飲み」「がぶ飲み」を控えます。ガブガブとのどに流し込まず、一口ずつ、いったん口にふくんでから飲み込む。このひと手間で、胃腸への刺激も和らぎます。

 以前、栄養サポートをしていたサッカー日本代表の選手も、常日頃からキンキンに冷えたものを口にしないよう、気を付けていました。練習中でも用意していた飲み物は常温、または温かい物が基本。冷たいものを飲む時は必ず、口の中で噛みながら、ゆっくりと飲む習慣が身に着いていました。そうすることで、体を冷やさないよう、そして胃腸に負担をかけないようにし、よいコンディションを維持していたのです。

 また、「どんな飲み物が体を冷やしにくいか」を覚えておくのも手。日本の食文化にも身近な中医学では、紅茶、中国茶、ハーブティー、ココアは体を温める働きが強く、緑茶とコーヒーは冷やすと考えられています。以上のことを知っておくだけでも、「冷たい物を飲みすぎたかな」という日のリカバリーに役立ちますよ。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集