[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 部活、習い事、塾… “忙しい子供”に摂らせるべき「疲労回復ごはん」とは

部活、習い事、塾… “忙しい子供”に摂らせるべき「疲労回復ごはん」とは

部活動やクラブチームでの練習後、夕飯まで空腹をガマンすると、疲労回復が遅れ、翌日からのパフォーマンス低下につながるという。“忙しい子供”にはどんな食事を摂らせるべきなのか。様々な競技のアスリートやトップチームの栄養サポートを担当する公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に聞いた。

“忙しい子供”に摂らせるべき「疲労回復ごはん」とは【写真:編集部】
“忙しい子供”に摂らせるべき「疲労回復ごはん」とは【写真:編集部】

お父さんよりお疲れ? 負のスパイラルから救う“疲労回復食事法”

 部活動やクラブチームでの練習後、夕飯まで空腹をガマンすると、疲労回復が遅れ、翌日からのパフォーマンス低下につながるという。“忙しい子供”にはどんな食事を摂らせるべきなのか。様々な競技のアスリートやトップチームの栄養サポートを担当する公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 Jリーグの下部組織にあたるチームの場合、遠くから練習に通うお子さんもたくさんいます。なかには移動時間が長いため、帰宅が22時や23時になるという子供たちも。そのため、ジュニアユースやユースの指導者からは「子供たちの疲労回復を助ける食事を知りたい」という強い要望が寄せられます。

 クラブチーム、学校の部活動を問わず、恐らく、今の中学生や高校生にとって、日々の疲労回復にどう取り組むかは深刻なテーマ。クラブや部活動のほか、習い事や塾通いもあり、それぞれ遠くの場所に通う子も少なからずいます。もちろん、日々の勉強もあるので、就寝時間も遅くなる。しかも、そのルーティーンは絶対に崩せない。そのうち、疲れすぎて食欲も低下。食事の量が減れば必要なエネルギー量を食べていないので、一向に疲れがとれません。

 まさに、負のスパイラル。一番、元気が有り余っているはずの年齢なのに、「うちのお父さんよりも疲れているわ……」と感じる親御さんも多いのではないでしょうか。

 さて、日々のルーティーンを崩さず、かつ忙しいなかでもできる食事での疲労回復方法の一つは、“分食”です。疲労回復食のコツは「使った栄養をなるべく早く取り戻す」こと。運動後の移動時間を疲労回復の補食(軽い食事)にあてて、使った分のエネルギーを補給しながら、筋肉をダメージから回復させます。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー