[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカー日本代表はカレーライス 試合に影響する「コンフォート・フード」の大切さ

Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「コンフォート・フード」について。

サッカー日本代表の食事メニューに「カレーライス」は欠かせない
サッカー日本代表の食事メニューに「カレーライス」は欠かせない

公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「コンフォート・フード」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「コンフォート・フード」について。

 ◇ ◇ ◇

 選手たちは試合、遠征、合宿時は国内外を問わず、普段とは異なる環境で過ごします。慣れない環境下で練習や試合、大会に臨む選手にとって、毎日の食事は楽しみであり、息抜きの一つ。ですから、高たんぱく・低脂肪のアスリート食だけではなく、心の栄養になるような「コンフォード・フード」が欠かせません。

 コンフォード・フードとは、食べた人にハッピーな気持ちや、なつかしさ、ほっとする気持ちを与える食べ物を指します。例えば、大好物のメニューや子どもの頃から慣れ親しんだおふくろの味。これらの食べ物には、心のコンディションを整える、モチベーションを上げる、といったパワーがあります。

 日本の選手でいうと、例えば「おいしい米」。昔ほどではありませんが、今でも海外遠征先で、日本人が食べ慣れた日本型米が手に入らない場合があります。

 私も海外遠征の際には、宿泊先に日本型米をリクエストしたり、必要な場合には米の炊き方を事前にシェフにメールで送るようにしたりしていますが、選手たちはとても敏感です。「日本の米じゃない」「美味しく炊けていない」と、米がないとだんだん食欲が落ちていきます。すると体重が減り、士気も下がり、プレーに悪影響が出ます。

 以前、サッカー日本代表の食事メニューに「カレーライス」は欠かせないという話が話題になりましたが、心身の変調に敏感なアスリートだからこそ、「いつもの味」が食べられることは、よいコンディションを保つ上で非常に大切なのです。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集