[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 萩原次晴さんが語る兄との秘話 “おまけの扱い”覆した競技人生の集大成

萩原次晴さんが語る兄との秘話 “おまけの扱い”覆した競技人生の集大成

元スキー・ノルディック複合日本代表で長野五輪に出場した荻原次晴さんが現役時代に五輪で2度の金メダルに輝いた双子の兄・荻原健司さん(現北野建設スキー部部長)と常に比較され続けたことを振り返り、モチベーションを高める“秘訣”について語った。

20160628_ogiwara_r

比べられることはマイナスではない―

 競技に打ち込む上で人と比べられることは、決してマイナスにはならない――。元スキー・ノルディック複合日本代表で長野五輪に出場した荻原次晴さんが現役時代に五輪で2度の金メダルに輝いた双子の兄・荻原健司さん(現北野建設スキー部部長)と常に比較され続けたことを振り返り、モチベーションを高める“秘訣”について語った。

 次晴さんは幼少時代、健司さんとともに体操教室に通い、器械体操に励んでいた。それが小学校5年生の頃、次晴さんが先にスキージャンプに出会い、その1シーズン後に健司さんもスキージャンプの世界へ。中学校からは兄弟でノルディック複合に戦いの場を移すことになった。

「所詮、群馬県草津市の子供。ジャンプでは北海道の選手に比べると差は歴然で、全国レベルでは勝てないと思いました。競技人口が少ないノルディック複合なら全国で勝てるかも、と考えました」(次晴さん)。練習は厳しく、嫌で嫌でたまらなかったというが、少しずつ成績も向上し、中学1年時にはすでに群馬県代表として全国大会に出場。その際は健司さんは出場できなかったという。

「そこから健司が本気になりました。金メダリスト荻原健司が誕生するきっかけを僕が作ったといっても過言ではありません」

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー