[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”

目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”

2012年ロンドン五輪の銅メダリストであり、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん。輝かしい経歴とは裏腹に、自分の力の無さに苦しみ、ジレンマを抱えていたという。約20年に及んだバレー人生を辿る連載の第2回、そんな彼女を引退まで支え続けたのは――。

女子バレーボール元日本代表の迫田さおり【写真:Getty Images】
女子バレーボール元日本代表の迫田さおり【写真:Getty Images】

【連載第2回】ロンドン五輪銅メダル、「常に緊張、自信のない選手」だった現役時代

 2012年ロンドン五輪の銅メダリストであり、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん。輝かしい経歴とは裏腹に、自分の力の無さに苦しみ、ジレンマを抱えていたという。約20年に及んだバレー人生を辿る連載の第2回、そんな彼女を引退まで支え続けたのは――。

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

「選手を引退し、新たな人生を一人で歩き始めた今、仲間の大切さを実感しています。喜びも苦しみも分かち合う仲間に出会えたことが、バレーボールを続けられた理由の一つであり、一番の宝」

 2017年5月、Vリーグの東レアローズ退団と同時に現役引退を発表した迫田さおり。2012年のロンドン、2016年のリオ五輪と2大会連続で日本代表として活躍したが、「常に緊張し、自信のない選手だった」と現役時代を振り返る。

「高校時代、バレーボールが楽しかったから、『実業団でもや~ろおっ』て本当に簡単な気持ちで入団。子どもの頃から実業団でプレーしたいとか、全日本に入ろうとか、目標をもってバレーボールを続けていたタイプでもなく、厳しい環境に入って打ちのめされました。しかも、地元を離れての寮生活。すぐにホームシックになってしまった」

 この当時、迫田自身、ホームシックで泣いている自分に気づいていなかった。「毎日、目が腫れているよ」。先輩からの指摘で初めて、そのことに気づいたというから驚く。

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー