[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

2012年ロンドン五輪の銅メダリストであり、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん。約20年間のバレー人生を辿る連載第3回は最終回。日本代表として戦った五輪、そして、29歳で下した引退の決意について聞いた。

女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん【写真:編集部】
女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん【写真:編集部】

【連載最終回】ロンドン五輪銅メダル後に考えたことも…29歳で下した引退の決意

 2012年ロンドン五輪の銅メダリストであり、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん。約20年間のバレー人生を辿る連載第3回は最終回。日本代表として戦った五輪、そして、29歳で下した引退の決意について聞いた。

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

 迫田が初めて全日本代表の登録メンバーとなったのは、2010年。世界選手権などにも出場していたが、日本のスポーツファンに存在を知らしめたのは、間違いなく2012年のロンドン五輪だろう。

 韓国との3位決定戦で初の先発出場。大会前、代表選手としては当落線上にいた彼女はこの日、23得点の活躍で、28年ぶりの女子バレーのメダル獲得に貢献した。

「あの試合、とにかくいいところにトスを上げてもらえた。私はただ“絶対に決める”という強い思いだけを持ち、手を振り下ろしただけ。オリンピックは本当に、選手、スタッフが一丸となり、必死の想いで戦った大会でした」

 実は、ロンドン五輪後、引退を考えていたという。

「なんとなく、オリンピック後は区切りがいいし、やめるのも一つの道かなと考えていました。その後、リーグ中に右肩を故障。これをきっかけに引退しよう、と思いました。でも引退を踏みとどまったのは、チームに必要とされたからです。ケガの様子を見ながら、試合に戻るタイミングや出場時間を綿密に計画し、本当に大事に私を使ってくれた。私の完全復帰を目指して取り組んでくれるトレーナーやスタッフの気持ちに応えたかった」

1 2 3

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー