[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

負けた時に笑える人間になれ BMX世界王者・内野洋平という生き方

永遠の“変化球作り”…今思うBMXの魅力「誰かのマネしても、おもしろくない」

「気づけば、周りに『もしかしたら世界一、獲れるんじゃない?』と言われ、師匠にも『獲れるから絶対、諦めるなよ』と言われ、言葉通り、諦めずに頑張っていたら、それなりに話題性のある一人のライダーとして成長していました」

 一つ、幸運だったことがある。内野の成長に合わせるように、BMXの競技自体が発展を遂げていたことだ。気づけば、5万円だった賞金は50万円になり、世界的な人気を誇るXゲームに採用され、雑誌、テレビに取り上げられる選手も続出。環境は目まぐるしく変わっていた。内野自身もユニクロのCMに出演するなど、トップライダーに飛躍していた。

「BMXが世の中に浸透していくのは、自分にとってラッキーくらいの感じ。好きで始めたら、時代が変わった。気づけば生計が立てられるようになって。BMXが五輪競技にもなった。ほとんどのライダーが、いつかそんな時代が来るとも思っていなかったから、驚きの方が大きいです」

 こうして、人生の半分となる17年をBMXに注ぎ込んできた。「今思う、BMXという競技の魅力を何なのか」。そう問うと、「決められた線路がないというのが一番ですね」という答えが返ってきた。

「プロ野球で一番になったら、次はメジャーリーグに行けということはない。始めた頃はプロもないし、お金が稼げるわけでもない。でも、本当に好きでやっているんだなって実感できるから、それが一段と良かった。すべてが自由。やりたい技をやろうと思って挑戦して、できれば評価されるし。野球なら、新しい変化球をずっと作っている感じですかね」

 カーブもシンカーもスライダーも、もともと作った人がいる。でも、BMXは常に“変化球作り”を求めている。だから、若い選手には、よくこんなことを話す。「作っていく楽しみは最高だから。誰かのマネしても、おもしろくないでしょ」と。実際に、内野は現役選手でありながら、自分で世界大会を作った。今や賞金も含め、世界一の大会だ。

 もちろん、競技者として一流の矜持もある。内野らしい哲学が垣間見えるのは、BMXを始めてから今まで「大会で泣いたことは一回もない」ことだ。「勝負の大会で全然ダメでも泣いたことがないんです」と豪快に笑う。

1 2 3 4 5
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集