[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 負けた時に笑える人間になれ BMX世界王者・内野洋平という生き方

負けた時に笑える人間になれ BMX世界王者・内野洋平という生き方

東京近郊の運動公園。部活の中高生がランニングで行き交い、老夫婦が散歩を楽しんでいる。そんな長閑なシーンの一角に世界王者がいた。ゆるく着こなした白いTシャツ。目深にかぶった黒いキャップ。小さな自転車を乗り、クルクルと回転したり、跳んだり。それは、まるで自転車とダンスを踊っているようだ。

世界一で賞金5万円だったBMX…20インチ自転車に人生を捧げた理由と世界王者の哲学

 東京近郊の運動公園。部活の中高生がランニングで行き交い、老夫婦が散歩を楽しんでいる。そんな長閑なシーンの一角に世界王者がいた。ゆるく着こなした白いTシャツ。目深にかぶった黒いキャップ。小さな自転車を乗り、クルクルと回転したり、跳んだり。それは、まるで自転車とダンスを踊っているようだ。

「何歳になっても楽しいですよ。やっぱり、それが根本にある。練習していて新しい技を思いついて、実際にできた瞬間はスローの感覚になる。『おおー、できた!』みたいな。すごくうれしい瞬間だし、あとは、大会は大会で決めて会場が、わーと沸いたり、自分の勝った負けたでお客さんが泣いてくれたり……。この競技の楽しさって、いろいろあるんですよ」

 屈託のない笑顔を浮かべた内野洋平は、BMXのプロ選手であり、現役の世界王者である。

「Ucchie(ウッチー)」の愛称を持ち、世界に熱狂的なファンを持つ35歳。BMXとは「Bicycle Motocross」の略で、エクストリームスポーツの一種。20インチの小径タイヤの自転車を操り、「レース」「フリースタイル」など複数のカテゴリーが存在する。内野はフラットな場所で技を競う「フラットランド」で世界NO1に君臨している。しかし、一般には決して馴染みが深いわけではない競技になぜ、のめり込み、世界一に立てたのだろうか。

「単純に楽しかったからですよ。始めた頃は趣味程度で、将来のことなんて考えてない。例えば、この競技をやっても当時はお金にならなかったですから」。その人生を辿ると、興味深い歩みが見えてくる。

 きっかけは高2の時だった。当時、通っていた兵庫・御影工は全国クラスの部活が揃うスポーツ強豪校。内野自身も水泳で門を叩き、来る日も水をかいた。しかし、心のどこかに満たされないものを感じていた。

「それまでコーチがいて『あれをやれ』『これをやれ』という環境でやってきた。それに飽き飽きしているヤツらがいて。コーチもいない、自分が純粋に進んで練習して、追求できるものを探して、それを競おうと。みんな、それぞれの競技で、それなりのレベルになってから高校に入学している。だから、イチから始めたら誰が一番なるかという単純な好奇心でした」

 バスケ部から1人、柔道部から3人、サッカー部から4人、そして、水泳部の内野。9人のメンバーで、手を付けたのがスケートボードだった。仲間の1人が神戸メリケンパークで大会があると聞き、みんなで観に行こうと、必死の思いで部活を休んで駆けつけた。しかし、目の前で広がっていた光景は――。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー