[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「女の子は甲子園に出られない」 野球少女をソフトボール天才打者に変えた中3の選択

08年北京五輪金メダルを獲得した女子ソフトボール日本代表主将の山田恵里外野手が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身の進路選択について語った。「女イチロー」の異名を取り、上野由岐子投手とともに競技を牽引してきた天才打者は幼少期、野球に没頭。中学3年で「女の子は甲子園に出られない」と知り、“ルールの壁”でソフトボールに転向した決断の思いに迫る。

野球からソフトボールに転向した日本代表主将・山田恵里【写真:Getty Images】
野球からソフトボールに転向した日本代表主将・山田恵里【写真:Getty Images】

高校から野球→ソフトボールに転向、北京五輪金メダリスト・山田恵里の選択

 08年北京五輪金メダルを獲得した女子ソフトボール日本代表主将の山田恵里外野手が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身の進路選択について語った。「女イチロー」の異名を取り、上野由岐子投手とともに競技を牽引してきた天才打者は幼少期、野球に没頭。中学3年で「女の子は甲子園に出られない」と知り、“ルールの壁”でソフトボールに転向した決断の思いに迫る。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ◇ ◇ ◇

「女の子は甲子園に出られない」

 山田恵里の人生が変わるきっかけとなったのは、その事実だった。

 初めてボールを握ったのは、ソフトボールよりひと回り小さい野球の軟式球。兄がいた少年野球チームに小学1年生で入った。元競輪選手の父と元陸上選手の母を持ち、親譲りの脚力は男子より速かった。唯一の女子部員だった御所見中(神奈川)では、3年で「1番・センター」に定着。すると、他の球児と同じように「高校で甲子園に出たい」という思いが芽生えていった。

 しかし、だ。

「3年生のいつだったか、確か、顧問の先生に言われたんです。『女の子は甲子園に出られない』って」

 女子は日本高野連の規定により、公式戦の出場が認められていない。女子マネージャーと同じように部員登録して、練習に参加することはできる。ただ、男子と一緒に3年間頑張っても、甲子園を決める夏の地方大会はスタンドから応援するくらいだ。「やるなら、やっぱり試合に出たいと思っていたから」。野球は中学生で辞めようと決めた。意外にも、未練はなかったという。

「仕方ないと思っていたんじゃないかと思います。昔から、自分で変えられないことに囚われても意味がないと思っていたので」

 ソフトボールと出会ったのも、中学3年生の時だった。

 厚木商(神奈川)のインターハイ予選を観戦に行った。ソフトボールという競技に触れたのも、この時が初めて。ずっと男子に交じって野球をしていた山田。「女子はぬるい、甘い、そういう世界だとずっと思っていた」。しかし、グラウンドで展開されるレベルが高い、投打の迫力とスピード感に圧倒された。「そこで、一気に魅了されてしまったんです」と振り返った。

 ただ、ソフトボールが五輪競技であることも知らない。厚木商を選んだのは「家から近かったから」が理由。日本一を目指す強豪校とは、入学後に知った。休みは正月の年1日だけ。ともすれば面食らうような環境だが、むしろ未来の金メダリストは燃えた。

「負けず嫌いなので、男の子であっても、誰にも負けたくないと思って野球をやってきた。中学に入って(体格差によって)徐々に差を感じ始めても『男とか女とか関係なく、絶対に勝ちたい、試合に出たい』という思いは持っていた。結果に対する気持ちの高さというものは、男子に交じってやっていたからこそ、すごく磨かれていたと思う」

 結果的に、野球で男子と競い合ってきた経験が、ソフトボールの強豪校で生きた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集