[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉永健太朗のシンカーを忘れない 甲子園V投手が別れを告げた「人生を変えた」魔球

浮いて、逃げて、落ちる。8年前の夏、その軌道は高校野球ファンの心に刻まれた。

「人生を変えた」というシンカーの握りを見せる吉永健太朗【写真:編集部】
「人生を変えた」というシンカーの握りを見せる吉永健太朗【写真:編集部】

日大三の元エースが26歳で引退、激動の野球人生に刻まれるシンカーの記憶

 浮いて、逃げて、落ちる。8年前の夏、その軌道は高校野球ファンの心に刻まれた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2019年冬、1人の甲子園優勝投手が白球を置いた。吐く息も白い、師走のある夜。東京・神楽坂にネクタイを締め、現れた。「今まで、ありがとうございました」。物腰柔らかく、頭を下げた。スーツを着ていてもわかる、飲み屋街を歩くサラリーマンとは一線を画す体つき。男の名は、吉永健太朗という。今季まで、社会人野球のJR東日本に在籍していた26歳だ。

 最後に会ったのは、夏前のこと。7月にこんなコラムを書いた。「最強の甲子園V投手は死んでいない 二刀流、手術、結婚 吉永健太朗、8年後の夏の真実」。2011年夏に日大三のエースとして甲子園制覇。当時、スポーツ紙記者1年目で取材した筆者はナマで観た背番号1に心奪われ、以来、「最強の甲子園優勝投手」といえば、この男になり、追いかけてきた。

 しかし、あの夏の“その後”を知る者は少ない。そう思って、激動の8年間を記した。当時の内容を改めて振り返りたい。

 大学デビューは華々しかった。早大1年春に主戦として、いきなり全国優勝。多くの関係者が「3年後のドラフト1位」を思い描いた。ただ、2年以降はフォームを見失って不振に陥り、大卒プロ入りを断念。高校の同級生だった明大・高山俊(現阪神)、慶大・横尾俊建(現日本ハム)らがプロ入りする一方でJR東日本入りしたものの、再起を期した社会人野球で悲劇が待っていた。

 1年目のオフ、素質を感じた堀井哲也監督(当時)の勧めで野手に挑戦。投手として練習する傍ら、2年目の3月のオープン戦、走者として頭から帰塁した際に右肩を亜脱臼し、靱帯も一部断裂した。回復が見込めず、秋に手術。医師に「投手として復帰できる確率は30%」と言われた。翌年はリハビリに専念するため休部。社業に勤しむ傍ら、仕事後や休日を使って復帰を目指した。

 かつて「世代No.1投手」といわれた逸材が、泥水をすするような日々を過ごしながら、1年後のテスト登板で見事に野球部復帰。7月の都市対抗の前に話を聞くと「将来のことはもう見ていないので。1年1年が勝負。都市対抗で投げること、怪我をしないこと。目の前だけを見て、それを積み重ねた結果、3年先、5年先も野球ができていたらいい」と真剣に語ったことが印象的だった。

 当時、記したのはここまで。もう一度、あの夏みたいに躍動する姿が見たい。明るい未来を願って別れたが、しかし――。

「頭が真っ白になったので。とにかく“今年でユニホームを脱いでもらう”ということだけは理解しました」

 挨拶もそこそこに、席に着いた和食屋のカウンターで、吉永は切り出した。

 11月25日。社内勤務中に電話が鳴った。チームから呼び出され、説明されたのは「勇退」という事実だった。来季の構想から外れたことを意味する、いわゆる“上がり”。入れ替えが激しい社会人野球の名門、ただでさえ26歳は中堅に突入する年齢だ。いつ何があってもおかしくないという覚悟をもって、取り組んできた。それでも「頭が真っ白」になったのは、理由がある。

 ベンチ入りした都市対抗こそ登板機会はなかったが、夏以降は実戦で徐々にイニングを伸ばし、最長4回を投げられるまでに回復。球速も140キロを超えた。「もう1年やれれば、145キロは投げられる」と確信していたのだ。

「夏から秋にかけてが一番状態が良くて、来年はチームに貢献できるとも思っていた。ただ、残れるか残れないかは半々くらいの気持ちだった。だから、言われた瞬間はショックな気持ちもあったけど、すぐに受け入れることができた。振り返れば、良いことも悪いこともあったけど、充実してますよ、僕の人生。普通の26歳よりは濃かったんじゃないかなと今、思っているので」

 怪我も、挫折も、味わった野球人生。後悔はないのか。間を置くことなく「それは、ないですね」と言い切った。迷いのない言葉の裏には、誰もが味わえることのない「18歳の夏」の経験があったからに他ならないだろう。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集