[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズ、地区首位の強豪ヒートに逆転勝利で今季10勝目 八村は7戦連続欠場

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は30日(日本時間31日)の本拠地ヒート戦を鼠径部の打撲により7戦連続で欠場。エースのブラッドリー・ビールも欠場した試合で、チームは前回対戦で103-112と敗れた同地区首位の相手に、123-105で勝利。今季10勝目を挙げた。

ウィザーズは強豪のヒートに勝利した【写真:AP】
ウィザーズは強豪のヒートに勝利した【写真:AP】

八村は怪我からの回復が遅れ7戦連続で欠場

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は30日(日本時間31日)の本拠地ヒート戦を鼠径部の打撲により7戦連続で欠場。エースのブラッドリー・ビールも欠場した試合で、チームは前回対戦で103-112と敗れた同地区首位の相手に、123-105で勝利。今季10勝目を挙げた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 2日前のニックス戦と同じスタメンで試合に臨んだウィザーズ。オフェンス、ディフェンス両面で歯車がかみ合わずに、試合開始から2分ほどで0-8とされる苦しいスタート。しかし怪我から復帰して以来コンスタントに活躍を続けるイアン・マヒンミが奮闘。第1クォーター(Q)に放った6本のフィールドゴール全てを沈め得点を重ねた。それでも点差は縮まらず、大量39失点したウィザーズは10点を追う展開で第1Qを終える。

 第2Qに入ると逆襲を開始。イシュ・スミスを中心としたファストブレイクで流れに乗ったウィザーズは、この日シュートタッチが抜群のジョーダン・マクレイとギャリソン・マシューズが躍動。両者ともに前半だけで5本中4本の3Pを沈め逆転に成功。第2Q残り1分から怒涛の7連続得点に会場は熱狂の渦に包まれた。逆に8点のリードを得て試合を折り返す。

 後半に入っても勢いの止まらないウィザーズ。多くのヒートファンがかけつけたこの日の試合では、「Let’s Go Heat」の掛け声が会場内に響き渡る場面もあった中で、ディフェンス面ではゲイリー・ペイトン2世の2スティールをはじめとする積極的なプレーでヒートのターンオーバーを誘い、オフェンス面でもアイザイア・トーマスなどが要所でシュートを沈め、リードを広げる。

 最終クオーターでもヒートの反撃を封じ切ったウィザーズ。けが人が続出する苦しい台所事情の中で強豪相手に価値ある勝利。連敗を2でストップさせ、今季10勝目を手にした。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集