[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥&拓真をリングに送る心境とは 父・真吾トレーナーの本音「今でも慣れない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は今日7日、ゴングが鳴る。世界3階級制覇王者でWBA&IBF王者“モンスター”井上尚弥(大橋)が5階級制覇王者でWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対決する大一番は、2万人規模のさいたまスーパーアリーナが超満員となるのは確実だ。また弟のWBCバンタム級暫定王者、拓真もWBC正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との団体内統一戦がセミファイナルで行われ、井上兄弟が初のダブル世界戦に臨む。

井上真吾氏は「自分だったらこう教わりたい」ということを踏まえて指導にあたっている【写真:荒川祐史】
井上真吾氏は「自分だったらこう教わりたい」ということを踏まえて指導にあたっている【写真:荒川祐史】

井上尚弥&拓真の父、真吾トレーナーの独占インタビューvol.3

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は今日7日、ゴングが鳴る。世界3階級制覇王者でWBA&IBF王者“モンスター”井上尚弥(大橋)が5階級制覇王者でWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対決する大一番は、2万人規模のさいたまスーパーアリーナが超満員となるのは確実だ。また弟のWBCバンタム級暫定王者、拓真もWBC正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との団体内統一戦がセミファイナルで行われ、井上兄弟が初のダブル世界戦に臨む。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 2人の父でありトレーナーでもある井上真吾氏。親として2人の子供をリングに送り出す気持ちとはいったいどんなものなのだろうか。既に孫もできた“モンスター”の父親が目指すものとは――。

 ◇ ◇ ◇

【第3回】

――尚弥選手や拓真選手がボクサーとして成長してきたように、真吾さんもトレーナーとして成長してきたというのは絶対にありますよね。

「あると思いますよ」

――トレーナーとして転機や分岐点はありましたか?

「基本的には自分だったらこう教わりたい、自分だったらこう教えられたら嫌だということをチョイスしてナオ(尚弥)とタク(拓真)にアドバイス、指導してきました。だから転機云々ではなくて、常にあいつらのことを強くしたいということを考えていたら今に至ったというだけなんですよね」

――失敗したなと感じたことは?

「ないですね。細かい失敗はいっぱいありますけど、それがあるから修正して良くなるわけじゃないですか。だから大きな失敗というのはないですね。こうやったほうがいいなと思えば、すぐそれをやればいいだけなので」

――トレーナーって試合が近づくと緊張はするものですか?

「しますよ。それは子供たちがキッズの時からどの試合も一緒ですよ。やっぱりあいつらの試合は親だから不安や心配は毎回ありますよね。そこは今でも慣れないですよ。タイトルマッチとかタイトルマッチじゃないとか関係なく、あいつらの試合はどの試合も一緒です」

――どの試合だって負ける可能性も、大きなけがをする可能性もあるわけです。

「これって親じゃないとわからない気持ちじゃないですか。たとえばジムの他の選手だったら、もちろん応援はしますし、ハラハラもしますけど、自分の子供に感じるような心配とか不安はそこまではないですよね」

――尚弥選手も拓真選手もプロでは全部勝ってますけど、一番嬉しかった試合はどの試合でしょう?

「どれも一緒ですけど、ただナオがチャンピオンになったライトフライ級の時(※)はいろんな意味で心配も不安もありましたし、あれはあれですごいものがありましたね。ナオもまだ経験が浅かったですから。世界タイトルマッチっていう重圧もありましたし。ひとつ挙げるとすればやっぱりあれなのかな……。

(※)2014年4月6日、WBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)に挑戦。6回TKOで当時史上最速のデビュー6戦目での世界王座獲得に成功

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集