[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、圧勝ならPFP3傑入り 米リング誌記者が明言「勝つのは当然、あとは…」

7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突する。「THE ANSWER」は、ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」で編集担当のトム・グレイ氏に直撃。同誌が選定するパウンド・フォー・パウンド(PFP)について「イノウエが圧勝すれば3位には上がる」と語っている。

井上尚弥(左)は自らの拳でPFPトップ3に割って入ることはできるだろうか【写真:荒川祐史】
井上尚弥(左)は自らの拳でPFPトップ3に割って入ることはできるだろうか【写真:荒川祐史】

ドネア戦の内容次第でPFP3位の“カネロ超え”、階級を超えた最強へ

 7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突する。「THE ANSWER」は、ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」で編集担当のトム・グレイ氏に直撃。同誌が選定するパウンド・フォー・パウンド(PFP)について「イノウエが圧勝すれば3位には上がる」と語っている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 いよいよPFPのトップ3に割って入るかもしれない。PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差のハンデがないと仮定して考えられるボクシング界の指標。欧米の各メディアで選定され、それぞれの主観で格付けされるが、1922年創刊で最も権威あるリング誌が世界的な指標になっている。

 記者歴20年のうち、7年間を「ボクシングの聖書」と呼ばれる同誌で過ごし、名物コラムニストとしても有名なグレイ氏。WBSS決勝の取材で初来日し、今後のPFPについて「もし、イノウエが圧勝すれば3位には上がると思うよ」と明かした。

 現在トップに君臨するのは、世界最速タイの12戦目で3階級を制したワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)だ。2位にはWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)が続き、3位がライトヘビー級を制し、4階級王者となったサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)。そして4位にモンスター・井上がつけている。

 井上は、5月に行われたWBSS準決勝のエマヌエル・ロドリゲス戦で衝撃の259秒KO勝ちを演じた。戦前の7位から一気に4位に上昇。昨年5月に記録した5位を上回り、自己最高となった。もちろん、日本人史上最高位の栄誉。今回、世界的ビッグネームのドネアを下せば、さらなるランクアップも期待できる。グレイ氏は、3位入りについてこの試合での“条件”を挙げた。

「彼がこの試合にどう勝つかにかかっている。ドネアに最初の数ラウンド、2ラウンド以内に圧勝すればランクアップすると思う。まあ、ドネアに勝つことは必然だよ。彼は世界で指折りのパンチャー。(パンチ力でも)トップ5に入ることは確実だと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集