[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥こそ「PFPのキング」 WBSS主催者が断言「カネロと違う。相手選んでない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と頂点を争う。来日した大会プロモーターのカレ・ザワーランド氏は「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、「カネロもロマチェンコも偉大だが、イノウエがパウンド・フォー・パウンド(PFP)のキング」と断言。実力者を井上が上回る2つの根拠を挙げている。

井上尚弥、カレ・ザワーランド氏、ノニト・ドネア(左から)【写真:荒川祐史】
井上尚弥、カレ・ザワーランド氏、ノニト・ドネア(左から)【写真:荒川祐史】

WBSSプロモーター・ザワーランド氏を直撃、惚れ込む井上の魅力は

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と頂点を争う。来日した大会プロモーターのカレ・ザワーランド氏は「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、「カネロもロマチェンコも偉大だが、イノウエがパウンド・フォー・パウンド(PFP)のキング」と断言。実力者を井上が上回る2つの根拠を挙げている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ついにWBSSシーズン2はクライマックスを迎えようとしている。入場券は前売りで完売。超満員のさいたまスーパーアリーナで5階級制覇王者のドネアと対峙するモンスター。ボクシングの聖書と呼ばれる米誌「リング」選定のPFPの最新ランクでは4位に位置している。

 トップは3階級制覇王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、2位はWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位がライトヘビー級を制し、4階級王者となったサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に続くが、ザワーランド氏の意見は違った。

「私はロンドンでも公言してきましたが、イノウエこそが現時点のPFPのキングです。ロマチェンコとカネロはもちろん偉大なファイターです。ウシクも素晴らしい。ですが、最終的にはどんなレベルの相手をどう倒しているのか。そこが重要視されるべきだと思います。世界王者、そして、元王者をあんな短い時間で圧倒する様はアメージングです」

 井上こそがPFP1位と断言した。井上はバンタム級昇格後、ジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)という世界王者経験者3人を合計わずか441秒でマットに沈めている。本物の実力者を秒速でKOし続けるモンスターの圧倒的な強さこそ、PFPのキングに相応しいという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集