[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アフリカに渡った元Jリーガーの執筆コラムvol.1「僕にとっての『サッカー』とは―」

ザンビアのZESCOユナイテッドFCに移籍した中町公祐【写真:本人提供】
ザンビアのZESCOユナイテッドFCに移籍した中町公祐【写真:本人提供】

順風満帆とはいえなかったプロサッカー選手としてのキャリア

 私のプロサッカー選手としてのキャリアは順風満帆な成長曲線と決して言えないものです。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 高校卒業と同時に湘南ベルマーレに加入し、4年間で66試合に出場するも2017シーズンに戦力外通告。合同トライアウトを受けても、どのチームからもオファーはない。

 プロ入団と同時に慶応大学に進学していたため、23歳で母校サッカー部に籍を移し、2年後に再度プロの門を叩く機会を掴みました(自分の人生の中で重要な時期なので、このあたりの話も今後の連載で詳しくお伝えできたらと思います)。

 年代別の日本代表に招集されたこともない。

 プロサッカー選手としても活躍と程遠く戦力外通告、プロ生活14年の中で開幕スタメンは数えられる程しかない。

 アビスパ福岡に入団した時も横浜F・マリノスに移籍した時も、大きな期待を一身に背負ってチームに加入したこともない。

 しかし、最高に自分を磨いていると感じていました。むしろ、目の前に壁が立ちはだかれば立ちはだかるほど、自分を磨けるチャンス到来と喜んでいたくらいです。

「プロサッカー選手としての活動=自分磨き」

 2018シーズン、この自分磨きを実感できなくなりました。

 アフリカ移籍へのスタートはここから来ていると今、振り返ってみて思います。

 移籍を決断するまでには様々な考えや動機、所属クラブへの想いに大きく悩むこととなりますが、この瞬間が訪れたことによって自分の未来を大きく変えることになります。

(今後、移籍の裏側やその時の心情、アフリカサッカーのリアルな実情など様々な角度から皆さんにお届けられたらと思っています)

(ZESCOユナイテッドFC・中町 公祐 / Kosuke Nakamachi)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2 3

中町 公祐

1985年9月1日、埼玉県生まれ。高崎高(群馬)を経て湘南に入団。同時に慶大に入学し、08年から2シーズンは大学でプレー。10年に福岡に加入し、12年に横浜Mに移籍。13年は天皇杯優勝に貢献し、同年のJリーグ優秀選手賞を受賞。翌年から選手会長に就任した。19年1月からザンビアのZESCOユナイテッドFCに移籍。同国ではサッカーと医療でアフリカ地域支援するNPO法人「Pass on」(https://pass-on8.net/)の代表理事を務め、幅広い活動を行っている。174センチ、74キロ。Jリーグ通算341試合出場、35得点。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集