[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アフリカに渡った元Jリーガーの執筆コラムvol.1「僕にとっての『サッカー』とは―」

遠いアフリカの地で、コラムを執筆する中町公祐【写真:本人提供】
遠いアフリカの地で、コラムを執筆する中町公祐【写真:本人提供】

あなたにとって「サッカー」とは? 答えは「明確に出ています」

 2018年は横浜F・マリノスにとって大きな転機となった1年だと言えます。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 現在も指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督を招聘し、伝統の堅守であるイメージのスタイルからボールポゼッションに重きを置き、得点を量産する機会を増やす超攻撃サッカーへの舵きり。

 サッカー界では新監督を迎えた最初のシーズンではなかなか監督の意図することがチームに浸透せず結果が出ないというのはよくあることですが、新監督が外国人であることとサッカースタイルの大きな変化にマリノスも例に乗ることになります。

 2018シーズンはいわゆる「新しいことへのチャレンジ」と「残留争い」のシーズンでした。

 プレーしている選手、観ているサポーターも変化への手応えと期待、結果が出ない現実と未来への不安に駆られた1年。

 あなたにとって「サッカー」とは? よくこんな質問を目にしますが、私の中では答えが明確に出ています。

 それは「自分磨きのツール」だということ。

 試合に出続け、相手チームと勝利を目指し戦う、試合に出る為にチームメートとしのぎを削り合う。これらも一貫して自分磨きという側面からのアプローチをしてきました。

1 2 3

中町 公祐

1985年9月1日、埼玉県生まれ。高崎高(群馬)を経て湘南に入団。同時に慶大に入学し、08年から2シーズンは大学でプレー。10年に福岡に加入し、12年に横浜Mに移籍。13年は天皇杯優勝に貢献し、同年のJリーグ優秀選手賞を受賞。翌年から選手会長に就任した。19年1月からザンビアのZESCOユナイテッドFCに移籍。同国ではサッカーと医療でアフリカ地域支援するNPO法人「Pass on」(https://pass-on8.net/)の代表理事を務め、幅広い活動を行っている。174センチ、74キロ。Jリーグ通算341試合出場、35得点。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集