[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「名誉を捨ててまで代表に…」 W杯を“出場拒否”オランダの英雄が貫いた美学

「思い通りにプレーできないのが分かっているのに、名誉を捨ててまで代表に行くわけにはいかない」――ルート・フリット(元オランダ代表)

オランダ代表時代のルート・フリット【写真:Getty Images】
オランダ代表時代のルート・フリット【写真:Getty Images】

1987年バロンドール受賞のフリット、94年アメリカW杯直前に代表チームを去る

「思い通りにプレーできないのが分かっているのに、名誉を捨ててまで代表に行くわけにはいかない」――ルート・フリット(元オランダ代表)

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 フットボールプレーヤーにとって、ワールドカップ(W杯)は究極の舞台だと言われている。日本でも、惜しくも代表漏れした選手が「W杯だけがサッカーではないから」と、自分に言い聞かせる選手はいても、露骨に招集を拒否する選手はいなかった。

 だが世界を見渡せば、どうしても代表チームの方向性などが納得できずに、W杯を辞退する選手もいる。1978年アルゼンチン大会では、オランダの英雄ヨハン・クライフが「家族との時間を大切にするため」に、女王の要請にも翻意せず出場しなかった。またJリーグ初代得点王のラモン・ディアスも、最盛期で迎えるはずだった1990年イタリア大会でのアルゼンチン代表への招集に応じなかった。ディエゴ・マラドーナとの不仲が原因だったという。

 1994年アメリカ大会のオランダも、優勝候補の一角に挙げられていた。1988年には欧州選手権(EURO)を制し、その中核を成したルート・フリット、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールのトリオが加わったイタリアの名門ACミランは、80年代後半から90年代初頭にかけて黄金時代を築いた。フリット自身も1987年にはバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を受賞している。

 31歳で迎えるアメリカ大会は、フリットにとって世界一への最後の挑戦になるはずだった。攻撃のパートナーだったファン・バステンは度重なる怪我のために現役を退いていたが、後継者としてデニス・ベルカンプが台頭してきていた。

 だが大会直前にフリットは、オランダ代表を辞退し合宿を去る。主な原因は、ディック・アドフォカート監督の戦術を受け入れられなかったからだった。

「本当に残念だけど、代表チームの考え方はどうしても合わなかった。あの暑さの中で、アドフォカート監督が考えた戦術は適していなかった。終わってみれば、僕の言っていたことが正しいと、みんな言っていたよ」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集