[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本バスケ界のプリンス、成長に自信 新生日本代表で自らに課した役割とは?

バスケットボール男子日本代表は30日、FIBAランキング26位の強豪ウルグアイと国際強化試合の第2戦を行い、72-57でフリオ・ラマス新ヘッドコーチ(HC)体制初勝利を挙げた。8月8日からはFIBAワールドカップ・アジア予選の切符を賭けてアジアカップ(レバノン・ベルイート)に挑むが、田中大貴は自らに「コートに出たらチームを引っ張らなければいけない」と代表チームでの“ノルマ”を課す。

ウルグアイとの第2戦、ベンチスタートの田中は起爆剤として存在感

 バスケットボール男子日本代表は30日、FIBAランキング26位の強豪ウルグアイと国際強化試合の第2戦を行い、72-57でフリオ・ラマス新ヘッドコーチ(HC)体制初勝利を挙げた。8月8日からはFIBAワールドカップ・アジア予選の切符を賭けてアジアカップ(レバノン・ベルイート)に挑むが、田中大貴は自らに「コートに出たらチームを引っ張らなければいけない」と代表チームでの“ノルマ”を課す。

「日本バスケ界のプリンス」と言われる田中の覚悟が、にじみ出るような試合だった。

 第1戦(69-79)でスタメンを任された背番号24は、第2戦ではベンチスタートとなった。第1ピリオド途中に比江島慎の負傷で出番が回ってくると、ファーストシュートを成功。第2ピリオドには篠山龍青との連係でゴールを陥れ、得意の3点シュートも沈めるなど、立ち上がりに息の合わない部分が見られたチームの起爆剤として存在感を示した。

 パスで崩すスタイルを標榜するラマスコーチの下では、全員の連動性が求められる。始動から10日ほどしか経っておらず、ミスが続く時間帯こそあるものの、第2戦では田中や比江島のドライブから外に展開して攻撃を組み立て、ウルグアイの守備を崩すシーンが見受けられた。

「自分や比江島選手がどんどん(ゴールに)アタックしていくことが大事。もっとペイント(エリアへの仕掛け)を意識してやりたいですね。全員が足を止めずに、誰かがドライブしたら、次に誰かがスペースを作らないといけない。そういう連動性がもっと出てくれば、さらに良いシュートが打てると思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集