[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強の格闘技は!? 「そりゃ総合ですよね」―UFC帰りの堀口恭司が覗かせるプライド

大一番を前に「THE ANSWER」のインタビューに応じた堀口恭司【写真:荒川祐史】
大一番を前に「THE ANSWER」のインタビューに応じた堀口恭司【写真:荒川祐史】

“KIDイズム”の後継者「KIDさんからは言葉にしないカッコよさを教わりました」

 KIDの背を追って始めたプロとしてのキャリア。昨年9月に急逝した後も、伝説の存在として語られ続けるカリスマからは、何を受け継いだのか。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

「KIDさんは教えるというよりは、俺の背中を見てろと言うような感じです。漢(おとこ)というものを教わりました。言葉にしないカッコよさ。一々説明しなくてもわかるだろお前らと…。そういうところを教わりました。それは自分も受け継いでいると思いますし、やっぱり真似しますね(笑い)」

“KIDイズム”の後継者は日本で順調なキャリアを積み、2013年9月、22歳でUFCへの参戦を決めた。翌月のデビュー戦で2回TKO勝ち。まさに鮮烈なデビューを飾って見せたのだ。

「世界一の舞台で戦ってみたい。世界のトップのファイターとやりたい。そこで一番になりたい。やっぱり憧れた舞台でした」

 希望に胸を膨らませて海を渡ったが、現実に直面し、逆に失望もあった。

「強い選手もいっぱいいた。だけど1番ショックだったのは試合を組んでもらえなかったこと。やっぱりというか……、ビジネスなんだなと。最強を決めるといいながらも、人気がなければ使われない。特に自分がいたフライ級は現地では全然人気がない。興行はあっても試合がないんです」

 UFCに参戦してから3年2か月で試合はわずか8試合。戦績は7勝1敗と、UFCに参戦した日本人ファイターの中で過去最高の成績を残したが、堀口にはフラストレーションがたまっていった。

「自分はお世話になっていた空手の先生や、KIDさんに近くで見せたいと。自分の恩師に、戦う姿を見せられない。なら、もう(UFCは)いいやと。恩師たちに自分も頑張っているという姿を見せたかったので」

 2017年からは再び日本を主戦場にすることに決めた堀口は、RIZINへの参戦が決定。「日本の格闘技界を盛り上げる」ためにスケールアップして帰ってきた男は、再び連勝街道を歩み始める。そして、あの“神童”との伝説の一戦を迎えることになる。

(後編へ続く)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集