[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強の格闘技は!? 「そりゃ総合ですよね」―UFC帰りの堀口恭司が覗かせるプライド

MMA(総合格闘技)世界一――。なんともロマン溢れる言葉だが、この場所に最も近づき、また今、最も近い日本人かもしれない。RIZIN初代バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)。14日(日本時間15日)に米国の総合格闘技団体ベラトール世界バンタム級タイトルマッチで王者ダリオン・コールドウェル(米国)と再戦する。場所はスポーツの聖地「マディソン・スクエア・ガーデン」(MSG)だ。

UFCに参戦した日本人ファイターの中で過去最高の成績を残した堀口恭司【写真:Getty Images】
UFCに参戦した日本人ファイターの中で過去最高の成績を残した堀口恭司【写真:Getty Images】

日本時間15日にベラトール王者との再戦に臨む堀口に単独インタビュー前編

 MMA(総合格闘技)世界一――。なんともロマン溢れる言葉だが、この場所に最も近づき、また今、最も近い日本人かもしれない。RIZIN初代バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)。14日(日本時間15日)に米国の総合格闘技団体ベラトール世界バンタム級タイトルマッチで王者ダリオン・コールドウェル(米国)と再戦する。場所はスポーツの聖地「マディソン・スクエア・ガーデン」(MSG)だ。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 両者は昨年12月31日、「RIZIN.14」でRIZIN初代バンタム級王座をかけて激突。体格差から不利の下馬評もあったが、3ラウンドにギロチンチョークで鮮やかな一本勝ちを決めた。今度は敵地に乗り込み、ベラトールMMAの舞台でのリマッチ。勝てばRIZINとベラトールの2冠王者となるビッグマッチだ。

 世界最高峰と名高い「UFC」のリングに上がって7勝1敗と実績を残し、再び日本を主戦場にして3年目。連勝街道をひた走る堀口を、大一番を前に「THE ANSWER」が単独インタビュー。総合に魅せられた男の思いを、前後編に分けてお伝えする。

 ◇ ◇ ◇

 最強の格闘技とは何なのか? 堀口にこの問いを投げかけると、間髪入れずにこう断言した。

「そりゃやっぱり総合ですよね」――

 携わるものとして強烈なプライドがあり、また積み上げてきた実績から第一人者としての説得力もある。

「総合は全部合わさっていますから。ボクサーのパンチ、キックボクサーなら蹴りが当たっちゃったらそれは終わりますけど、色々な引き出しがあるのは総合格闘家なので、それは一番強いと思ってます。

 自分は最初はキックのほうが強いと思っていた。でも総合には寝技があって、なんでもできる。総合にはやっぱり勝てないと。どうせやるからには最強のものをやりたいじゃないですか。例えばですよ、街中で喧嘩して簡単にまけちゃったとか、嫌じゃないですか。じゃあ最強のものを最初からやればいいやと」

 キックでもなく、ボクシングでもなく、総合格闘技で“最強”を目指した堀口のもともとの土壌は打撃。5歳の時に父の影響で始めたのが伝統派空手だ。

「嫌でやりたくなかったが、無理やり連れていかれて、兄貴もいたので自分も連れていかれて。無理やり連れていかれて、道場の前で車から蹴落とされて(笑い)。ずっと、嫌だよ、めんどくさいよと思いながらやっていたのですが、試合に出たりするとなんとなく勝っちゃう。いつの間にか空手が人生の一部になってましたね」

 当時は将来は自衛隊や、消防士など体を動かして何かを守る仕事を志していたという。中学では一度はプロボクサーも目指したが、高校時代に見た山本“KID”徳郁に憧れ、同氏が主催する総合格闘技のジム「クレイジー・ビー」の門をたたいた。

「自分よりも身体の大きな選手を倒す。特にステップを使ってというところは、自分とすごく似ている。小さいし、デカい選手を倒すにはステップを使わないといけない。このスタイルなら自分もマネできるなと。それで高校を卒業してKIDさんのジムへ行きました」

 自身は一刻も早くプロになりたかったが、家族や周囲からは猛反対を受けたという。

「最初は親父も家族もみんな反対。(空手で)大学に行けるんだから行けと。でも自分の中ではそれでは遅い。本当は中学を出てすぐにプロになりたい気持ちが強かった。空手をやっていて一生保障されるならいいですけど、そうじゃない。お金は稼げない。仕事にもならない。プロになって稼ぐには早い方がいいと」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集