[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみはなぜ、米国で愛されるのか 米紙記者が語る魅力「とても新鮮な存在」

米国ファンが待ちわびた“次なる”スターの誕生

 タイミングも絶妙だったという。米国では長らくヴィーナス、セリーナのウィリアムズ姉妹が名実ともにトップに立ってきた。姉妹揃ってシングルスでもダブルスでも世界1位を獲得。あまりに偉大すぎる2人だが、ともに30代後半となり、アメリカのファンは次なるスターの誕生を待ちわびていた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 そこに姿を表したのが大坂だった。日本人ではあるが米国で育ち、現在もフロリダに拠点を置く。自然に口から出るのは英語で、ウォルドースタイン記者も「時々、ナオミがアメリカ人じゃないのを忘れてしまうくらい(笑)」というほど、米国では自国のスターとして受け止められ、愛されている。

「テニスと同じくらい、みんなナオミの発言にも注目しています。彼女の会見は本当に面白い。今まで誰も持たなかった発想をするし、自分をネタにして笑わせたり、メディアを巻き込んで笑いを取ったり。予想がつかない言葉が出てくるので、みんな聞き入ってしまう。発言の面白さで言えば、スローン・スティーブンスもユニークですね。

 ただ、最近のナオミはさらに興味深くなっている。それというのも『優勝したい』と、はっきり公言するからです。そういう気持ちを隠さなくなったのは、全米、全豪と優勝して自信が持てるようになったからでしょう。自分に対する期待を高めることはいいこと。今回の全仏ではプレッシャーに負けた部分もあるでしょうが、彼女は必ず乗り越えると思います」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集