[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみはなぜ、米国で愛されるのか 米紙記者が語る魅力「とても新鮮な存在」

2019年の全仏オープン、大坂なおみ(日清食品)は3回戦でトーナメントを去った。それでも、世界ランク1位で第1シード。さらには、昨夏の全米、今年1月の全豪とグランドスラム2連勝。「ナオミ・オオサカ」の名前は世界中に知れ渡っており、ローランギャロスでもファンから大きな人気を誇った。

全仏オープンに出場した大坂なおみ【写真:Getty Images】
全仏オープンに出場した大坂なおみ【写真:Getty Images】

NYタイムズ紙ウォルドースタイン記者「米国人の心を鷲づかみ」

 2019年の全仏オープン、大坂なおみ(日清食品)は3回戦でトーナメントを去った。それでも、世界ランク1位で第1シード。さらには、昨夏の全米、今年1月の全豪とグランドスラム2連勝。「ナオミ・オオサカ」の名前は世界中に知れ渡っており、ローランギャロスでもファンから大きな人気を誇った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 大坂が人気を博しているのは、ファンの間だけではない。海外メディアの間でも同じ。もちろん、現世界女王という事実はあるが、試合後の記者会見には数多くの海外メディアが集まった。中でも、物心ついた時から暮らしているアメリカでは、ファンもメディアも大坂が大好き。「彼女は本当にチャーミングで、誰も想像つかないような発言が多いから、ファンにとってもメディアにとっても、とても新鮮な存在ですね」と語るのは、米紙ニューヨーク・タイムズのデビッド・ウォルドースタイン記者だ。

 昨夏の全米オープン決勝で、憧れだったセリーナ・ウィリアムズを破り、日本人選手としてグランドスラム初制覇の快挙を達成。それまでテニス好きなら大坂の存在を知っていたが、全米優勝後には米国では誰もが知る存在となった。

「やはりセリーナに勝ったことは衝撃でした。でも実際のところ、決勝戦のコートには『セリーナはナオミに勝てない』という雰囲気が流れていた。出産から復帰して半年あまりの36歳。かたや、メキメキと力を伸ばす20歳の新鋭。おそらく、勝機がないと一番強く感じていたのはセリーナ自身だったと思います。だから、ラケットを壊したり、暴言を吐いたり、という流れになったんでしょう。セリーナに乱されることなく優勝したナオミが天真爛漫だったことも、アメリカ人の心を鷲づかみにしました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集